ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  五感で学ぶ数学 数学者、東海大学教育開発研究所所長 秋山 仁

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

五感で学ぶ数学

数学者、東海大学教育開発研究所所長 秋山 仁

長髪にバンダナ巻きというスタイル。
難しい数学の理論を分かりやすく解説してくれることでもおなじみの秋山仁さん。
「学校の算数、数学の成績は決していい方じゃなかった」と言う秋山さんに、ご自身が考える数学の魅力や子どもたちに学ぶことの面白さを伝える工夫などについてお話を伺いました。

秋山さんの研究室前に展示してある教材。ルーローの三角形(丸みを帯びたおにぎり形の三角形)の特性を応用したロータリーエンジンの模型(右)と、マンホールの蓋の模型(下)

秋山 仁
(あきやま・じん)


1946年東京都生まれ。上智大学大学院数学科を修了後、ミシガン大学客員研究員、米国AT&Tベル研究所科学コンサルタント(非常勤)、東京理科大学教授、文部科学省教育課程審議会委員などを経て、現在は、東海大学教育開発研究所所長、(財)平成基礎科学財団理事、(社)全国幼児教育研究協会理事などを務める。