ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  音楽は生きる力 ピアニスト 梯 剛之

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

音楽は生きる力

ピアニスト 梯 剛之

生後間もなく病気で視力を失いながらも、天賦の才能と、たゆまぬ努力、そして、それを支える母親の深い愛情によって今日では世界的なピアニストとして 活躍されている梯剛之さん。
現在は「子どもに伝えるクラシック」プロジェクトを展開している梯さんに、音楽への想いや、母と子で培った生きる力について、金融広報中央委員会の恵谷事務局長がお話を伺いました。

梯さんの母・侑子さん(左)と、今回インタビュアーを務めた恵谷英雄事務局長(右)

梯 剛之
(かけはし・たけし)


1977年東京都生まれ。父はビオラ奏者、母は声楽家。小児ガンにより生後1カ月で失明するが、音に対する非凡な才能を見せ、4歳半より本格的にピアノを始める。90年小学校卒業と同時に渡欧し、ウィーン国立音楽大学準備科に入学。同年再び目に悪性腫瘍を患い帰国し手術。翌年ウィーンでの勉強を再開した。98年ロン=ティボー国際音楽コンクール第2位で注目を集め、以後、世界的なピアニストとして活躍を続けている。