ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  どの人生にも冒険がある プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

どの人生にも冒険がある

プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎

アドベンチャースキーという独自の分野を開拓し、冒険スキーヤーとして様々な世界記録を樹立してきた三浦雄一郎さん。
昨年75歳でエベレストの登頂に成功し、ギネスブックに最高齢登頂者として登録されたニュースはまだ記憶に新しい方も多いことでしょう。
そんな三浦さんに冒険の魅力や未知に挑戦する生き方についてお話を伺いました。

2008年5月26日 エベレスト山頂(8848m)に。その登頂の第一声は「涙が出るほど辛くて、厳しくて、嬉しい」というものだった

三浦 雄一郎
(みうら・ゆういちろう)


1932年10月12日青森市に生まれる。1964年イタリア・キロメーターランセ(現在のスピードスキー)に日本人として初めて参加、時速107.084キロの当時の世界新記録樹立。2008年、75歳にして2度目のエベレスト登頂を果たす。記録映画、写真集、著書多数。クラーク記念国際高等学校校長、(社)全国森林レクリエーション協会会長、NPO法人グローバル・スポーツアライアンス理事長、(財)こども教育支援財団副理事長他。