ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  よく語り合う だから心がわかる 山形弁研究家、タレント ダニエル・カール

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

よく語り合う だから心がわかる

山形弁研究家、タレント ダニエル・カール

30年以上日本で暮らし、翻訳家、タレントとして幅広く活躍するダニエル・カールさん。
多忙な日々を過ごすなか、金融教育フェスティバルでの講演も務めていらっしゃいます。
そんなダニエルさんに、日本とアメリカの文化、コミュニケーションの違いをはじめ子どもたちへの金融教育の大切さについて伺いました。

ダニエル・カール
(Daniel Kahl)


1960年アメリカカリフォルニア州出身。タレント、山形弁研究家、コメンテーター。大学卒業後文部省英語指導主事助手として山形県に赴任。セールスマン、翻訳・通訳会社を設立などを経て、テレビ・ラジオなどで活躍中。