ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  生涯女優を続けながら自分ができるカタチで社会にも貢献を 女優 竹下 景子

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

生涯女優を続けながら自分ができるカタチで社会にも貢献を

女優 竹下 景子

女優として10代でデビューし、50代の今も芸能界の第一線で活躍している竹下景子さん。
「夢を売る商売」といわれる芸能界を代表する女優の素顔はあまり知られていないものですが、竹下景子さんが生きる世界とその素顔を少しのぞかせていただきました。

角川映画配給 2010年公開「レオニー」

竹下 景子
(たけした・けいこ)


俳優。1953年9月15日生まれ。愛知県名古屋市出身。東京女子大学文理学部社会学科卒業。NHK「中学生群像」出演を経て、1973年NHK銀河テレビ小説『波の塔』で本格的デビュー。映画『男はつらいよ』のマドンナ役を3度務め、『学校』では第17回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。2007年、舞台『朝焼けのマンハッタン』『海と日傘』で、第42回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。テレビ・映画・舞台への出演の他、「世界の子どもにワクチンを日本委員会」ワクチン大使、国連WFP協会親善大使、京都国立博物館文化大使、C・C・C富良野自然塾でのインストラクターなど幅広く活動している。