ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  心揺さぶるモノを集めて46年 「集める」が「働く」エネルギー おもちゃコレクター 北原 照久

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

心揺さぶるモノを集めて46年 「集める」が「働く」エネルギー

おもちゃコレクター 北原 照久

おもちゃコレクターとして世界的に知られ、小さなブリキのおもちゃから現代アート作品まで自らがときめくモノをコレクションしている、北原照久さん。
モノを長く大切にすることにこだわり、好きなモノに囲まれて暮らす。
そのライフスタイルから見える幸せの価値観やお金の哲学、60代になっても「今が一番楽しい」というその人生の歩み方をうかがいました。

北原 照久
(きたはら・てるひさ)


1948年、東京生まれ。青山学院大学在学中にスキー留学したオーストリアで、「モノを長く大切にする文化」に触れ、収集家の道へ。25歳の時、ブリキのおもちゃに魅せられ、現在では世界的なコレクターとして知られている。86年に横浜・山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士としてレギュラー出演しているほか、コレクターとしてテレビ、ラジオの番組や講演会、トークショーで活躍。「珠玉の日本語・辞世の句」(PHP研究所)など著書は71冊にものぼる。株式会社トーイズ代表取締役、株式会社トイズプランニング代表取締役、横浜ブリキのおもちゃ博物館館長。