ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る 強い気持ちが夢を叶える サッカー選手 澤 穂希

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

強い気持ちが夢を叶える

サッカー選手 澤 穂希

2011年のFIFA女子ワールドカップ優勝をはじめとする活躍で、日本サッカー界をけん引し続ける澤穂希さん。
かつては知名度が決して高いとは言えなかった女子サッカーを盛り上げ、
今でも中心選手として活躍を続ける澤さんの子ども時代、サッカー選手としての日常生活、そして「夢の叶え方」について伺いました。

澤 穂希
(さわ・ほまれ)


1978年9月6日、東京都生まれ。12歳で読売ベレーザに入団。15歳の時に日本代表入りして17歳でアトランタオリンピックに出場。 20歳で渡米し5年間アメリカ女子プロリーグなどでプレー。2004年に日テレ・ベレーザに復帰。2009年アメリカ女子プロリーグに再挑戦し、 2011年INAC神戸レオネッサに移籍。オリンピック4大会、ワールドカップ5大会に出場。2011年FIFA 女子ワールドカップで優勝し、大会MVPと得点王。 2011年度FIFA 女子年間最優秀選手。 2012年ロンドン・オリンピックで銀メダル獲得。2014年AFC女子アジアカップ初優勝。 同年、なでしこリーグ300試合出場とアジアサッカー連盟殿堂入りを達成。国際Aマッチ出場197試合、82得点。(2014年12月5日現在)