ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  人間とは何かを考え抜く 工学博士 石黒 浩

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

人間とは何かを考え抜く

工学博士 石黒 浩

10 年ほど前、自分そっくりのロボットを創り、世界を驚かせた石黒浩・大阪大学教授。
今ではそのコピーロボット「ジェミノイドHI」が石黒さんに代わって海外で講演を行うなど、 活躍はますます「進化」を遂げています。
2007年には、英国コンサルティング会社(Synectics社)の調査において 「世界の100人の生きている天才」に選出されるなど世界のトップを走るロボット工学者。 その素顔と研究にかける情熱の裏にある人生哲学をうかがいました。

石黒 浩
(いしぐろ・ひろし)


1963年、滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授、 JST ERATO 石黒共生HRIプロジェクト研究総括、ATR石黒浩特別研究所所長(客員)およびATRフェロー。
著書に『ロボットとは何か-人の心を映す鏡』(講談社現代新書)、 『どうすれば「人」を創れるか-アンドロイドになった私』(新潮社)などがある。