ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  焦らず続けることが大事 やれば結果はついてくる 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

焦らず続けることが大事 やれば結果はついてくる

元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美

1998年の長野オリンピックのスピードスケート女子500mで銅メダルを獲得し、2006年のトリノオリンピックでは日本選手団主将を務めるなど、世界を舞台にスピードスケートのアスリートとして活躍、その“朋美スマイル”で人気を博した岡崎朋美さん。
2013年に現役を引退し、現在は5歳のお子さんの子育て真っただ中の岡崎さんに、アスリート人生の基礎をつくった生い立ち、現役アスリート時代、子育て論についてうかがいました。

岡崎 朋美
(おかざき・ともみ)


元スピードスケート選手。北海道出身。 高校卒業後、富士急行に入社しスケート部に所属。 冬季五輪に日本人女性選手として最多の5大会連続出場を果たす。 1998年の長野冬季五輪では日本女子短距離界初の銅メダルを獲得し、朋美スマイル≠ナ一躍人気者に。 結婚・出産後も「ママさんアスリート」として活躍。 2013年、ソチ五輪代表選手選考競技会を最後に現役を引退。