ホーム  知るぽるとについて  著名人・有識者が語る  「覚悟」がなければ結果は出ない 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋

著名人・有識者が語る 〜インタビュー、講演、寄稿〜

「覚悟」がなければ結果は出ない

青山学院大学陸上競技部監督 原 晋

東京箱根間往復大学駅伝競走(通称:箱根駅伝)で2015年から2年連続総合優勝(2016年は完全優勝)を飾り、圧倒的な強さで脚光を浴びている青山学院大学陸上競技部。
その育ての親が、監督の原晋さんです。選手として箱根駅伝出場の経験はなく、現役引退後監督就任までの10年間は陸上競技からまったく遠ざかっていたという異色の経歴の持ち主。
原さんが語る強いチームの育て方とは?

原 晋
(はら・すすむ)


1967年広島県三原市出身。世羅高校、中京大学を経て、中国電力。04年青山学院大学陸上競技部監督就任。09年箱根駅伝出場。15年、16年箱根駅伝2年連続総合優勝。
ビジネスの経験を生かした「チームづくり」「選手の育成」で陸上界の常識を破り、快進撃を続ける。著書に、『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(アスコム刊)など。