ホーム  知るぽるとについて  刊行物とビデオの紹介  ビデオ貸出サービス  一般向け

ビデオ貸出サービス

一般向け

*一部、こどもを対象とするビデオを含みます。

ビデオ・DVD借用方法

ご希望の方はお近くの都道府県金融広報委員会、日本銀行支店・事務所にお申し込みください(無料)。なお、ご希望のビデオ・DVDが貸出中の場合もありますので、あらかじめ電話などでお問い合わせ願います。
都道府県金融広報委員会一覧

*DVDでの提供は次の1作品です。
  お金は回る─くらしと金融─

徹底検証! ペイオフの基礎知識学ぶ

種類/解説ビデオ、対象/一般、上映時間/9分
制作/平成16年度

平成17年3月に、CATV全国128局で放映された「Ageing Japan」の「マネー最前線」コーナーへ提供。預金保険制度について、専門家が丁寧に解説。「ペイオフ街角相談室」では、街行く人の「こんな場合はどうなるの?」という疑問にも、わかりやすく回答。
(エイジング・ジャパン製作・金融広報中央委員会企画)

That's 預金保険制度 改訂版

種類/情報番組形式解説ビデオ、対象/一般、上映時間/17分
制作/平成14年度

預金保険制度をテーマとするクイズ番組が作られるという設定で、番組の制作現場からスタッフ(出演:アリtoキリギリス)が、預金保険制度についてわかりやすく解説。平成14年12月の法改正を踏まえて改訂。
(金融広報中央委員会企画・共同テレビジョン製作)

未来は僕らの手に-生活と地球環境-

種類/劇、対象/こども・一般、上映時間/28分
制作/平成12年度

「温暖化で100年後の地球はどうなる?」という宿題を出された日の帰り道、アキラは未来から来た彼の息子だと名乗る老人に会い100年後の地球を救って欲しいと訴えられた。さらに、今の生活を見直すことで貯金も貯まると聞かされたアキラ一家は「環境家計簿」を用いてエネルギー節約作戦を始めたが、すぐにギブアップしてしまった。

老人からのアドバイスでエネルギー節約を再スタートさせ1年後、成果が明らかになる日…。新しい価値観で生活をみつめ、未来の地球環境に関心を持つ家族が誕生した。
(桜映画社製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)協力)

ビッグバンファミリーVol.1 【金融ビッグバンってなに?】
Vol.2 【金融商品・金融機関の選び方】

種類/劇、対象/一般、上映時間/Vol.1 17分、Vol.2 20分
制作/平成11年度

中古住宅に引っ越してきたある家族が、その家に住みついていた天使から、金融ビッグバンについて、夢の中で学んでいくストーリー。金融ビッグバンの概要を解説している【金融ビッグバンってなに?】と、金融商品や金融機関を選択する際のポイントを解説している【金融商品・金融機関の選び方】の2本組みです。
(貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)企画・共同テレビジョン製作)

心のおくりもの

種類/劇、対象/一般、上映時間/21分
制作/平成11年度

拾った5千円をめぐる小学生と警察官の心の交流を描き出した作品で、第47回全国小・中学生作文コンクール文部大臣奨励賞を受賞した作文を映像化したもの。正しい行いを決意し実行に移した少年のかけ渡す素晴らしい友情、そして奉仕の心、少年を温かく導いた家族の愛を鮮やかに描き出した作品。
(東映製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦・文部省選定)

アナタを狙うあまい罠〜若者編〜

種類/劇、対象/一般、上映時間/20分
制作/平成11年度

若者を狙う悪徳商法が増え、被害も増加傾向にある。従来は訪問販売によるものが主流だったが、最近ではその手口も多様化してきている。悪徳商法の被害に遭わないことが大切なことはいうまでもないが、巧妙な手口の場合には、被害者に被害を自覚させないものも少なくない。悪徳商法の被害に遭わないためにはどのような態度をとればよいのかなど、具体的に6つの商法をドラマ化し解説した作品。
((財)日本消費者協会製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦)

地球号SOS

種類/アニメーション、対象/一般、上映時間/20分
制作/平成11年度

子供たちに、世界各地で起きている環境問題に目を向けてもらうため、親しみやすいよう中学生を主人公にして作られたアニメーション作品。

かけがえのない地球を守るため一人一人が考え、協力して行動を起こす時がきていることに気付かせると共に、開発途上国の人々の願いでもある、持続可能な開発と環境の問題で、日本の果たす役割への理解をも訴えるもの。
(桜映画社製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦・文部省選定)

WHAT'S 自己責任?

種類/劇、対象/一般、上映時間/25分
制作/平成8年度

2組の対照的なカップルが織りなす資産運用劇を通じて、金融商品選択の際のポイントや最低限必要なリスクマネージメントの知識を視聴者に深めてもらい、資産運用に対する自己責任とはどういうことなのかについて考えてもらうことをねらいとしているビデオ。

様々な金融商品が登場している現在、貯蓄の目的などに応じて金融商品をより適切に選択することが求められている一般預金者向け。
(日本銀行情報サービス局協力)

多重多額債務への道〜パチンコ破産〜

種類/劇、対象/一般、上映時間/21分
制作/平成8年度

自己規制(抑制)を失った主人公が、多重多額債務による典型的な破滅への道を転げ落ちていく様子をドラマ形式で描き、人々の心に潜む危険性に警鐘を打ち鳴らします。昨今、社会問題にもなっているギャンブル依存症等を織り込んで展開する金銭感覚教育作品。
(東映製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦)

ぼくがおじいちゃんでおじいちゃんがぼく〜明るい長寿社会をめざして〜

種類/アニメーション、対象/こども・一般、上映時間/32分
制作/平成7年度

お年寄りも若い人も、みんな幸せに生活できる世の中にしなくてはならない。そのためには、お年寄りをどう理解すればよいか、こどももお年寄りも、共に豊かに幸せに暮らすにはどうすればよいか、自分がお年寄りになったときを考える作品。
(学研製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦、文部省選定)

夫の定年 妻の定年〜実りある老後のために〜

種類/劇、対象/一般、上映時間/32分
制作/平成7年度

高齢化社会を迎えた今日、定年後・子育て終了後の、夫婦2人だけの人生は長い。その後半生を有意義に過ごすには、現役の若いうちから、互いにどういう関係を培っておくべきかという問題と取組んだ作品。
(東映製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦・文部省選定)

よしっ!僕がやる!

種類/劇、対象/一般、上映時間/38分
制作/平成6年度

幼い時、祖父から受けた優しい心のありがたさが身に沁みている若者が、心身ともに衰えてきた祖父をかばいながら、お年寄りが希望する若者たちとのふれあいの場を作ることに協力する姿を描き、世代を越えた協力が高齢化社会にとって重要であることを訴える。
(岩波映画製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦・文部省特選・教育映画祭最優秀作品賞〔文部大臣賞〕・日本映画ペンクラブ推薦・優秀映画鑑賞会推薦)

ガッツ親父とオサム

種類/劇、対象/こども、一般、上映時間/56分
制作/平成6年度

母親を早く失い、多忙な父親とも触れ合いが少なく、孤独の中で、しだいに心のすさんでいった小学4年生のオサムを主人公として、多感な彼が、やがて、父親との関係を回復して立ち直り、本来の純真な心を取り戻していく過程を、美しい風土を背景に生き生きと浮かび上がらせる。
(学研製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦・文部省特選)

お金は回る─くらしと金融─ 学ぶ

種類/アニメーションDVD、対象/高校生・一般、上映時間/16分
制作/平成5年度

叔父の遺産や結婚資金としての貯えを無計画に使い果たしてしまった若いサラリーマンと恋人を主人公とした作品。失意の二人の前に現れた謎の老人が、とかく難解な説明に陥りがちなお金や金融のしくみ、あるいは生活設計の重要性についてわかりやすく解説していく。青年層や生活者層を主な対象としているが、高校の授業や勉強会などでの利用にも適している。
(日本銀行情報サービス局製作協力)

路 MICHI

種類/劇、対象/こども・一般、上映時間/32分
制作/平成2年度

自分の自転車が盗まれたために、安易に他人の自転車を乗りまわしている息子の罪悪感の欠如に対して、父親が自ら生きる路(みち)を示す物語。現代の失われた金銭感覚、物感覚をテーマに、今の時代をどう生きていくのかを、私たちに問いかける作品。
(岩波映画製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦・文部省選定)

ジュディがくれたコイン

種類/劇、対象/こども・一般、上映時間/30分
制作/平成元年度

豊かな時代に育ち物を粗末に扱うなど正しい金銭感覚を見失いがちな風潮がみられる今日、こどもたちに対し、物やお金を大切にする心を育てる金銭教育の重要性が一段と高まっている。カナダから来た高校生ジュディとその受入れ家族との交流を通じて、健全な金銭感覚や生活習慣を身につけることの大切さをわかりやすく教える。
(文部省選定)

悪徳商法手口集

種類/劇、対象/一般、上映時間/30分
制作/平成元年度

悪徳商法(キャッチ・セールス、悪徳不動産商法、アポイントメント・セールス、財テク商法等)の具体的手口について今まであった事例および将来おこりうるケースも含め、その巧妙なテクニックと恐るべき実態をわかりやすく解明する。また、昭和63年11月より施行された改正訪問販売法の要点についても紹介する。
(東映製作・貯蓄広報中央委員会(現・金融広報中央委員会)推薦・文部省選定)