ホーム  知るぽるとについて  金融広報中央委員会ソーシャルメディア公式アカウント運用方針

金融広報中央委員会ソーシャルメディア公式アカウント運用方針

  • 本方針は、金融広報中央委員会(以下、「当委員会」といいます。)が、各ソーシャルメディアについて、公式に取得し、運用するアカウント(以下、「公式アカウント」といいます。)の運用に関する事項について定めています。

  • 公式アカウント配下にある情報(公式アカウントによる投稿、一般公開されているアカウント情報ならびにプロフィール情報等を構成する文章、写真、図画図表などを含みますが、これらに限定されません。)を閲覧する、または、公式アカウントへのリンクやフォロー、公式アカウントに対する投稿や評価、公式アカウントに関する第三者との共有などを行う(以下、これらを総称して「公式アカウントを利用する」といいます。)場合は、本方針に同意したものとみなします。

  • なお、公式アカウント外のリンク参照先については、当該参照先の利用規約等が適用されます。

1.目的

  • 当委員会は、より一層の広報活動の充実を図るため、公式アカウントにより、情報発信を行います。
    資産運用、年金、保険などに関する個別の助言、推奨、相談、取引の勧誘を目的としているものではありません。

2.公式アカウントの運用

(1)公式アカウント

  • 公式アカウントは下表のとおりです。

(2)公式アカウントの運用者

  • 当委員会事務局(日本銀行情報サービス局内)が運用します。

(3)公式アカウントによる投稿、評価、共有

  • 原則として、当委員会ホームページにおける新着情報を投稿します。新着情報以外にお知らせすべき情報がある場合は、当該情報を投稿することがあります。

  • 利用者のアカウントもしくは投稿を、当委員会から評価あるいは共有(お気に入り、リツィート、いいね!、フォロー、シェア等)することは、原則としてありません。

(4)利用者からの投稿への返答、フォローバック等

  • 利用者からの投稿(リプライ、コメント、ダイレクト・メッセージ等)によるご質問やご意見等には、一切お答えしません。
    ご質問やご意見等については、お手数ですが、当委員会ホームページ掲載の「お問い合わせ」宛てにお寄せいただければ幸いです。
    また、イベント等の申し込みフォームの代替になるものではありません。イベント等へのお申し込みは、当該イベント等のご案内に記載された申し込み方法にて行ってください。

  • フォローバック(利用者からのフォローに対する、当委員会からのフォロー返し)や相互リンクなどのお申し出については、原則としてお受けしません。

3.禁止事項、削除対象

  • 以下に該当する投稿はご遠慮ください。
    また、故意過失を問わず、以下に該当すると当委員会が判断した利用者からの投稿は、当該利用者に断りなく、全部または一部を非表示、削除または拒否する場合があります。

    • 運用者の投稿内容に対して関係ない、または著しく乖離しているもの

    • 法令等に違反する、または違反するおそれがあるもの

    • 公序良俗に反する、または反するおそれがあるもの

    • 特定の個人、企業、団体、物件または地域等を誹謗中傷し、または名誉もしくは信用を傷つけるもの

    • 本人の承諾なく個人情報を特定、開示、漏えいする、または類推させる等のプライバシーを侵害するもの

    • 当委員会もしくは第三者の特許権、意匠権、著作権、商標権、肖像権などを侵害するもの

    • 政治、選挙、宗教、営利活動等を目的とするもの

    • 記載された内容が虚偽または著しく事実と異なるもの

    • 金融取引または金融商品にかかる価値判断を表するもの

    • 上記に相当する内容を含むホームページ等の情報媒体へリンクするもの

    • ソーシャルメディアの利用規約に反するもの

    • そのほか、運用上、不適当であると判断されるもの

  • さらに、上記に該当する投稿を行う利用者は、投稿を制限または禁止する場合があります。
    また、適切な運用を妨げると運用者が判断した場合は、当該利用者アカウントのブロック等を行う場合があります。

4.知的財産権

  • 公式アカウント配下にある情報の知的財産権は、当委員会または正当な権利を有するものに帰属します。
    私的利用、引用等法令上認められた行為を除き、当委員会に無断で転載、複製、改変等を行うことはできません。引用等(リツィートなど)を行う場合は、適宜の方法により必ず出所を明記してください。

  • 利用者の投稿(利用者のフォロー、いいね!等によりアクセス可能となる、利用者のアカウント情報ならびにプロフィール情報を含みます。)にかかる知的財産権は、当該利用者本人に帰属しますが、投稿されたことをもって、利用者は当委員会に対して、当該投稿を全世界において無償で非独占的に使用(加工、抜粋、複製、公開等を含みます。)する権利を許諾したものとし、かつ、当委員会に対して著作権等を行使しないことに同意したものとします。

5.免責事項

  • 情報の正確さ、運用におけるセキュリティ確保等については万全を期していますが、何らかの誤り、第三者による改ざん等の可能性をすべて排除することを保証するものではありません。
    また、ソーシャルメディアの特性上、後日内容を訂正したり、リンク切れが発生したりする場合があることをあらかじめご了承ください。

  • 利用者が公式アカウントを利用したことにより、または利用できなかったことにより被った損害について、当委員会はなんら責任を負うものではありません。

  • 公式アカウントの利用に関連して生じた利用者間のトラブルまたはその被った損害について、また、利用者と第三者との間のトラブルまたはその被った損害について、当委員会は責任を負いかねます。

  • 上記のほか、公式アカウントに関連して生じたいかなる損害についても、当委員会の故意または重大な過失に起因する場合を除き、当委員会はなんら責任を負うものではありません。

6.本方針の周知、変更

  • 本方針は、当委員会ホームページに掲載します。

  • 本方針は、予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
    なお、変更後の方針は、当委員会ホームページへの掲載時点から効力を発するものとします。

7.その他の留意事項

  • 公式アカウントの運用は、予告なしに、内容や形式を変更し、または終了する場合があります。

8.準拠法、管轄裁判所

  • 本方針の解釈および適用に関しては、別段の定めがない限り日本国法に準拠します。

  • また、本方針に関するすべての紛争については、別段の定めがない限り東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上