ホーム  金融と経済のしくみ  過去の掲載記事  金融の話あれこれ  やってみたい外貨預金。利点とリスクを教えて。

金融の話あれこれ

やってみたい外貨預金。利点とリスクを教えて。

低金利にうんざりし、金利の高い外貨預金に魅力を感じている人も多いことでしょう。ただ、外貨預金をするなら、気をつけなくてはならないことがいくつかあります。その一番のポイントは、為替で思わぬ損をしたり得をしたりするということです。

外貨預金とは、海外の通貨で預ける預金。海外の通貨で、普通預金をしたり、定期預金をしたりするものです。預け入れは日本国内で行われ、あらかじめ決められた金利、決められた期間でお金を預け入れます。ただし、長期の預け入れができる国内の定期預金に比べ、外貨預金の預入は、最長1年まで。

このように、商品性だけを見ると国内の預貯金とほぼ同じですが、ただ外貨預金の場合、外貨で預けるのですから、円を外貨に両替して預けなくてはなりません。その時に、必ず為替の影響を受けることを肝に命じておくべきでしょう。

そして、日本円から外貨に、外貨から日本円に両替するときに、必ず手数料がかかります。この手数料は、外貨預金をする際にはレートに含まれます。日本円を外貨に替える時のレートをTTSレート、外貨を日本円に替える時のレートをTTBレートといいます。

日本は今、かなりの低金利ですが、海外には高金利の国もあり、そういう国の通貨で預けると、同じ定期預金でもかなりの高利率で預けられます。ただ、どんなに金利は高くても、外貨預金の場合には、換金する時の為替に左右されること、そして換金に手数料がかかることを忘れてはいけません。

外資預金のしくみ