ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育に関する小論文・実践報告コンクール

「金融教育を考える」第5回小論文コンクール(平成20年)

講評

第5回を迎えた「金融教育を考える」小論文コンクールには31編の作品が寄せられ、その中から厳正な審査を経て優秀賞3編、奨励賞4編の入賞作品が選ばれました。

今回は「金融教育に関する授業や学校行事での実践報告」、「これから取り組んでみたい金融教育」、「これからの時代に求められる金融教育」、「金融教育をさらに普及していくための提言」の4つのテーマを掲げ、ここに属さないお金や金融・経済に関する教育についての意見も募集対象としました。

また、共同執筆や将来教員を目指す大学生にも広く応募を呼びかけ、当コンクールの裾野の広がりと、応募作品の水準の向上を目指しました。結果的に、共同執筆による応募や大学生からの応募もあり、多様な実践や小論文が寄せられました。

優秀賞を受賞された「米作りの会社『なめがたガキンチョ米会社』経営の試み」は、小学校5年生の総合的な学習の時間における約1年間にわたる実践報告です。米作りの本格的な会社経営を通じて経済活動の一端を体験的に学ぶと同時に、勤労に裏付けされた金銭感覚を培い、また自ら考え、判断し、行動する児童の育成を目指しました。こうした取り組みによって子どもたちの視野が広がり、大きな達成感が得られた様子が感じ取れました。

「高校における『求められる金融教育の体系的学習内容』とは何か―商業高校における金融教育プログラムと授業実践を通して―」は、商業高校における学習プログラムの体系化を試みた論文です。まず金融教育について考察し、商業教育と金融教育の関係を整理しています。次に、体系的な金融教育のプログラムとして、6つの「原理」(貨幣の時間価値とキャッシュフロー、収益率、リターンとリスク等)を基礎におく「商業教育における金融教育プログラム」を作成し、さらに、パーソナルファイナンス学習プロジェクト等の特別プロジェクトへと意欲的な実践が報告されています。

「高校で本当に必要な学びとは何か―スキルとネットワークの形成をキーワードに授業を変える―」は、学力不足や出席数の不足など多くの課題をかかえる高校で、生徒と教師が共同で学ぶ探求型学習を中心にした授業の実践報告です。そこではスキルを身につけ、将来役立つネットワーク形成を可能にすることが大事であるとし、調べ学習に積極的に取り組んだり、自分のアルバイト先の雇用契約書をもらい労働条件について議論したりします。生徒たちと格闘しながら社会性を身に付けさせようとする日頃の努力が目に浮かぶ作品でした。

残念ながら今回は特賞を見送らせて頂きましたが、子どもたちが「生きる力」を確実に育くんでいくために、皆様には金融教育の裾野の拡大にご協力をお願い申し上げる次第です。

著名人・有識者が語る

  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報