ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

高校生小論文コンクール

「金融と経済の明日」第1回高校生小論文コンクール(平成15年)

この夏、金融と経済の明日について考えてみませんか?

「国外で知った価格と需要」

特選

広島県 広島学院高等学校 1年 吉岡 俊一

この夏、フィリピンに約2週間ホームステイするという経験を得た。その経験を通して気付いたものの一つに、日本とフィリピンの経済格差が挙げられる。

ホームステイの事前学習などを通して、日本とフィリピンとの間に、ある程度の経済格差があることは感覚的に分かっていた。しかしながら、実際は、予想以上に格差があり、驚かされた。

フィリピンの通貨はペソだ。1ペソは日本円に換算すると約2円。食費、交通費などをホストファミリーが負担してくれたということもあるが、私が2週間の滞在期間に使った金額は、驚くべきことに、1500ペソ、日本円にして約3000円であった。

フィリピンで生活するなかで、私は一つの現象に気がついた。それは、フィリピンにおいては、いくつかのものの価格が収入全体と比べて異常に高いものもあれば、安いものもある、ということである。なぜそのようなことが起こるのか。ここでは、その謎について迫ってみたいと思う。

さて、このことを考える上で、大事になってくると思われるのが、フィリピンの階層社会である。日本は知っての通り、それぞれの家庭の生活レベルの相違が小さく、「1億総中流」ともいわれる。しかし、フィリピンは貧富の差が大きく、金銭的に裕福な家庭と貧しい家庭の生活レベルの差が大きい。

このことを根底にすえつつ、以下に紹介する三つの事例に従って論を進めたい。

一つ目の事例は、ハンバーガーである。

日本ではハンバーガーは、最もポピュラーなファーストフードとして定着している。年齢を問わず多くの人々が食べているものだが、フィリピンでは、中流階級以上の人しか食べることのできない、どちらかと言えば高価な食品なのである。

さて、日本ではこのハンバーガーにポテトと飲み物をつけたセットメニューというものがあり、とても好まれているように思われる。その現状はフィリピンでも同じだ。このセットメニューを注文した場合、日本では約500円が必要となる。

一方、フィリピンでは50ペソ、約100円である。食べてみたところ、味も食感も日本のハンバーガーやポテトとほとんど変わらなかった。

一見、フィリピンのハンバーガーが約4分の1の価格のように思われる。しかし、これは数字のトリックである。なぜならば、フィリピン人の平均的な年収は数十万円であり、日本人のそれと比べるとあまりにも少ないからである。実際には日本の数倍の価格になるように思われる。

二つ目の事例は、ミネラルウォーターである。

上下水道がとてもよく整備されている日本では、恒常的に飲用される商品ではない。しかし、水道事情のあまりよくないフィリピンにおいては、毎食、多くの人がミネラルウォーターを飲む。私がステイした家では、常時約20lのミネラルウォーターが備えられていた。

日本では、このミネラルウォーターを500ml購入すると約100円かかる。一方フィリピンでは10ペソ、約15円である。

同じ量のミネラルウォーターがどうして安いのだろうか。なかなか明確な根拠が見つからない。ただ、ミネラルウォーターが生活必需品であるために価格が下がるのではないかと思われる。

三つ目の事例は、ジプニーという乗り物である。

このジプニーというものは、乗りあいバスのようなもので、フィリピンで最も多く使われる近距離移動手段である。首都マニラ市では、このジプニーのせいで渋滞が起こっているのではないかと思うほどのジプニーを見ることができた。

さて、日本で1kmの距離を移動すると、バスでは約200円、タクシーでは約600円かかる。一方、フィリピンでこのジプニーに乗った場合、1km当たりの運賃は約4ペソ、8円である。

このジプニーの場合も、前述のミネラルウォーターと同じことが言えると思う。フィリピン人にとってジプニーは、最も大事な移動手段、生活必需品の一つとなっていると思われるからである。

これら三つの事例から分かるのは、価格変動のカギは需要が握っているということである。フィリピンにおいて、限られた範囲からしか需要のないハンバーガーは、非常に高い価格で売られており、多くの人からの需要があるミネラルウォーターやジプニーは、安い価格、運賃で取引されている。

需要が増えれば、価格が下がるという、一見当たり前のことを、外国の経済を垣間見ることによって、実感できた。

また、もう一つ、当然のことのようだが面白い発見があった。それは、その国におけるそれぞれの商品の価格は、その国の事情の上に成り立っているということである。

例えばジプニーは、日本の交通機関と比べて、非常に割安である。それは、ジプニーが、フィリピン人にとって相当重要なもの、なくてはならないものだからだと思う。従って、自国の価格を基本として考える外国人旅行者が戸惑うことも、多々起こりうると思う。

このように、自分も外国の価格について考えた時、戸惑うことも多かったのだが、その戸惑いによって、少し世界の物価の違いについて、興味を持った。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報