ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

高校生小論文コンクール

「金融と経済の明日」第4回高校生小論文コンクール(平成18年)

講評

「金融と経済の明日」第4回高校生小論文コンクールは、全国の高校生・高等専門学校生から1,925編の作品が寄せられました。厳正な審査の結果、特選5編、秀作5編、佳作50編の入賞作品が決まりました。募集テーマとして、現代社会において問題となっていることや今後も継続して考えなければならないこと等、金融や経済に関するテーマ(自由テーマ含む)を7つ設定しましたが、応募作品には、実体験にもとづいて考察したことや疑問に感じたこと、提案や心構え等、高校生の目線で論じた作品が多数見受けられました。この中から特選を受賞された作品を紹介します。

特選・金融担当大臣賞「『自己責任』がとれる大人になるためには」は、家庭での取り決めによって養われた金銭感覚を再確認しながら、統計データなどを利用してお金を借りることの実態や問題点、注意点を的確に指摘し、自己責任についての自分の意見を明確に述べています。

特選・文部科学大臣賞「働くことは生きること」は、「何の為に勉強するのか」という普段から抱いていた素朴な疑問について、周囲の人の意見を参考に自分の答えを導き出した素直な作品です。

特選・日本銀行総裁賞「社会を知ることの大切さ」は、将来自分の就きたい職業が社会に貢献できるのかという不安に始まり、社会状況に合わせた取り組みをすることが貢献する方法だと気付き、働くことの意味を真面目にとらえています。

特選・全国公民科・社会科教育研究会会長賞「『働く』を考える」は、「働く」の言葉の意味を考察し、自分なりの論理を展開したことが評価されました。

特選・金融広報中央委員会会長賞「仕事が教えてくれたこと」は、アルバイト体験から労働の大変さ、家族の苦労を認識し、働くことの意味、大切さを学んだことについて書いています。

入賞作品はどれも働くことを通じて社会との関わりや金融経済に関して意識が高いことが窺われます。今後も、体験したことや調べたことに対して自分なりの分析・意見を入れて、多角的に、また一歩踏み込んだ視点から論じる作品が期待されています。

著名人・有識者が語る

  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報