ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融・生活シンポジウム2002

変わる金融、変わる消費者~自己責任時代を賢く生きる~

パネルディスカッション

(2) 金融の変化に求められるもの

パネルディスカッション風景

佐藤 今後、ビッグバンを契機として金融がどのように変わっていくのか、伺いたいと思います。

野中 私たちが主人公ですから、金融はこうなってくれないと困ると、私たちが声を上げなければいけない時代に入っていると思うのです。

日本の個人金融資産は1999年のデータで1,400兆円あまり。その内訳を見ると、現金が54%、株式や債券、投資信託は15%ほどで、最近は11%ほどとも言われています。アメリカは現金や貯金が10%を切っていて、株式等が60%近くです。イギリスは個人金融資産は481兆円で、保険、年金がかなりの部分を占めています。

お金の面では、私たちはイギリスの3倍以上のパワーを持っているのですが、どうも自信がないという気がして残念でしょうがないのです。

金融がこれからどう変わるかは大臣や総理の肩にかかっているのではなくて、私たち自身がどういう国にしていきたいのかという、その知識、知力を付けるとかなり元気な国に変わっていけるのだと信じています。

 預貯金の偏重は日本の金融システムの最大の特徴ですが、今後は単線的な仕組みから複線的な資金仲介のパイプがあるようなシステムに作っていくことが、日本の金融にとっても経済にとっても非常に強い枠組みを作る前提条件だと思います。ペイオフ解禁は、これを後押しするような措置ではないかと思っています。

今後金融システムがどうなっていくかですが、三つポイントがあると思います。一つは競争が促進されていくだろうということです。二つ目は多様な金融商品が増えて選べる時代になっていくと思います。三つ目は、ますますグローバル化が進むのではないかということです。外国資本の会社が登場して新しい経営手法が入ってきたりして、金融システムの活性化の促進が期待できると思います。

佐藤 ファイナンシャルプランナーの立場から、金融機関の経営等についてご注文があるかと思うのですが、伊藤さん、いかがですか。

伊藤 個人が動くと実は日本経済全体も動いてしまうくらい、個人金融資産は潜在的な力を持っているんです。

では個人が動くために金融がどのように変わらなければならないか。一つには、金融機関は顧客本位の立場に立って信頼に足る商品やサービスを提供していただきたい。二つ目は格付け機関が正確な、客観的な評価情報を提供していただきたい。三つ目は、企業も社会的責任を果たし、良い商品やサービスを誠実に提供して、投資するに足る企業だという行動をしていただきたい。

ファイナンシャルプランナーとしては、消費者の立場に立ってその人にあった支援をすることが求められていると思います。


著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報