ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融経済教育を考えるつどい

第2部:ディスカッション
自己責任を持って、私が主役。新しい経済と社会作りが始まっている。
だから小さい時からの金融教育が必要だ!

金融教育はアメリカ型、イギリス型?

会場風景野中 ここで海外の金融教育をご紹介したいと思います。

アメリカでは、投資教育と訳されていますが、1974年にエリサ法で、企業の年金制度がこのままではもたないことから、経営者は従業員一人ひとりに年金のことがわかるように教育をしなければならないと法律で定めました。それを受けて94年に幼稚園でも小学校でも、アメリカ人はすべからく経済教育を受ける権利と義務があると教育法で制定し、方法論はNPOに任せました。


一方イギリスは、サッチャー首相が教育法を制定して、シチズン・シップ-市民としての基礎的な人間力というような意味ですが、その一番重要なパワーになる経済・金融教育の知識を中学校時代に徹底的にやるという形をとり、全国津々浦々同じ形で経済・金融教育を行っています。

総裁は今、日本の場合、何が一番重要だとお考えですか。

福井 自分で自分の人生を選択すれば、そこでのお金の使い方は必ず健全な姿に行き着くと思います。しかしこの子はこうでなければならないと親が決め、本人までもがどこどこの大学を出て、有名企業に行かなければならないと思っている時は、自分の行動について選択がない。こういう人にお金を使わせるときっと不健全な使い方をすると思いますね。

まず人生の選択肢は本人に与える。その人の好奇心で物事を決める。その時、本当にお金の大事さ、怖さがわかるわけで、その基本のところを整えながらアメリカ型かイギリス型か、状況に応じて教育システムを作ればよいと思います。

母親がいつまでも子どもを大事に思う気持ちは理解できますが、有名幼稚園から有名大学、有名企業へ、というイメージを壊すことが一番大事だと思います。

細野 ブランド意識は長い時間を掛けて作られたものだし、普通の日本の子どもたちの意識だと大学入試に関係ないものは勉強しません。だから投資や経済に関することを入試の必須科目にしないとダメなのかもしれないですね。

椎名 その通りですよ。でもね、教えるための先生を養成するには時間が掛かる。そのためには当面即戦力として可能な社会人がお手伝いをする必要があると思います。

堀田 いいお話がたくさん出ているのですが、「自分の人生は自分で責任を持って、その上で主人公は私」という根本ができていないと、どう上手に教えるかという技術論だけあってもだめでしょう。方式としてはNPOがやっているアメリカ型がいいと思いますね。

野中 私は入試科目にというのはちょっと(笑)。社会を支える企業の資金調達のメカニズムというような基礎的な社会の仕組みを俯瞰できるような、経済教育が欲しいですね。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報