ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル2011

金融教育セミナー 東京会場

生活経済ジャーナリスト
子供のお金教育を考える会 代表
あんびる えつこ 氏

「買って!買って!病」を治す24の処方箋

あんびる えつこ 氏の写真

いまの子どもは、親だけでなく祖父母などもスポンサーです。おこづかいやお年玉をもらい、欲しいものは買ってもらえます。がまんを覚えるべき時期に、がまんする機会がなくなっています。一方、子どもの将来は雇用、財政などさまざまな面で一段と厳しくなることが予想され、自立して生きていくための力として、お金に関する能力を子どもに身につけさせる必要があります。

「買って!買って!病」の「初期」は、小学校中学年頃までで、物を大切にしない、新しいおもちゃを次々と欲しがる、親の買い物について行ったときに必ず何か買ってもらおうとする、欲しいものがあるとその場でとことん要求する、祖父母に物を買ってもらうのがうまい、などが特徴です。ルソーは「子どもを不幸にする一番確かな方法は、いつでも何でも手に入れられるようにしてやることだ」と言っています。小さながまんを重ねていった結果、より大きなものを手に入れられることを教えましょう。「ほしいものすべては手に入らない」と教え、欲望をコントロールさせましょう。祖父母にプレゼントをもらえるのはクリスマスと誕生日だけ、買い物で欲しいものを買えるのは週1回だけ、などと「わが家のルール」を定め、守らせましょう。

セミナー風景の写真

「進行期」の特徴は、おこづかいをすぐ使う、ひたすら貯金する、友達の持っているものを欲しがる、お手伝いに報酬を要求する、おこづかい帳をつけない、などです。おこづかいを通じて、自分でより良い意思決定をすることを学ばせましょう。私は「カレーづくりゲーム」を使い、お金には限りがあり、何かを買ったら何かをあきらめないといけないことを教えています。必要なものは欲しいものに優先されることを学ばせることも大切です。

「自立期」の症状は、お菓子やジュースばかり買う、おこづかいが足りないとよく言ってくる、友達の間でおごったりお金の貸し借りをする、家からこっそりお金を持ち出す、おこづかいの使い道でうそをつく、などです。子どもの意思を尊重しつつ、使いみちに目を光らせ、「わが家のルール」を作っていきましょう。また、自立に向けて知識(例、生活費、正社員とフリーターの収入差)も教えましょう。自立期には、他の人のこと、社会のことも考え、総合的な意思決定ができる賢い消費者、市民になれるようにしましょう。

子供のお金教育を考える会とは

「お金教育」を「金銭」を介する行為や考え方全般についての教育だと考え、実り多い人生を子どもたちが歩むために家庭でできることを一緒に考えるインターネット上の親の会。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報