ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育公開授業

2015年度 金融教育公開授業

山梨県金融広報委員会
山梨県立笛吹高等学校
金融広報中央委員会

山梨/笛吹市の実施報告

「金融教育公開授業 in 山梨(笛吹)(笛吹高等学校)」(10月20日開催)

山梨県立笛吹高等学校は、峡東地域で長い伝統と教育の成果を誇ってきた石和高校と山梨園芸高校とを統合して、普通科・食品化学科・果樹園芸科・総合学科の4学科からなる総合制高校として平成22年4月に開校した新しい高校です。全24クラス、856名というスケールメリットを生かし、多様な生徒を幅広く受け入れ、これからの社会を支える人間を育てることに誇りと自信を持って取り組んでいる高校です。

10月20日(火)に、金融教育公開授業を実施しました。また、全校生徒を対象とする洞口勝人氏の講演会を行いました。

▼ 参加者内訳:

生徒798名、開催校教員67名、開催校保護者9名、教育委員会2名、他校教員2名、地域の方々1名、合計879名

1.公開授業

(1)評論「何のために『働く』のか」

公開授業「評論「何のために『働く』のか」」の模様 教科書の「何のために『働く』のか」を題材に、「お金を稼ぐため」以外の働く目的について、各自がシンキングシートに記入し、共有することで、働くことの意義に関して様々な考え方があることを確認しました。シンキングシートに記入することによって、生徒たちは柔軟な思考力を身につけることができ、また筆者の主張を読み解く材料となりました。

(2)「情報を可視化する」

公開授業「情報を可視化する」の模様 年利2%と1.4%で100万円を借り、30年後に一括返済する場合、返済額はそれぞれいくらになるかを、各自が表計算ソフトで計算し、複利計算の方法を学習しました。また、その結果を「数値化・グラフ化」し、金利差による返済額の違いを可視化することによって金銭感覚を養うことができました。

(3)「金利の実際」

公開授業「金利の実際」の模様 外部講師を招き、銀行の役割と業務、金利の基礎知識、利息計算の基礎についての講義や、ローンを題材に事例研究を行いました。また、ローンを組む際のチェックポイントや収入・支出の状況に応じた返済方法など、賢い消費者として身につけるべきことを学びました。「銀行の役割や金利の基礎知識を理解できた」、「ローンの返済方法など知りたかった情報を得ることができ充実した授業だった」との感想がきかれました。

(4)「『買う』ことで社会を変える」

公開授業「『買う』ことで社会を変える」の模様 身近なチョコレートを題材に、カカオ産業での「児童労働」をなくすために自分たちにできることを考え、班ごとに「すぐに出来ること」または「影響力の大きさ」を基準に優先順位をつけ発表しました。これらを通じ、「自立した消費者」としての意思決定の方法や、社会問題を見据えた消費行動について考えることができました。

(5)「ワイン製造における原価計算」

公開授業「ワイン製造における原価計算」の模様 今年度のワインの製造費用データをもとに、1本あたりの原価を求めました。ワイン製造には、原材料費に加え、人件費や器具等の減価償却費、光熱費等の経費が必要であることのほか、ワインにかかる税(酒税・消費税・関税)についても学びました。

(6)「市場原理と価格形成」

公開授業「市場原理と価格形成」の模様 農産物の価格が需要と供給により決まることに加え、その特徴や動向について学習しました。その中で、HACCP、GAP、トレーサビリティなどによる安全性確保の重要性や、FTA、EPA、TTPによる農産物輸入の増加が、国内農業生産に与える影響等についても考えました。

(7)「日経STOCKリーグへの取組」

公開授業「日経STOCKリーグへの取組」の模様 本年度は、株式投資のバーチャル体験のなかで、「主体的に学ぶ意欲を喚起する」、「コミュニケーション力やチームワーク力を養う」、「パソコンやインターネットなどの利用法を実践的に学ぶ」ことを目的に課題研究を進めました。各チームが投資テーマやそれに基づくポートフォリオの検討状況について中間発表を行い、社会が抱える様々な課題について考えることができました。

2.講演会

公開授業の後、洞口勝人氏が「一枚のTシャツから世の中を考える」と題する講演を行いました。配付されたレジュメは穴埋めや選択形式で、まず受講者自身が考え、次に講師が説明するという形で進行されたため、「楽しみながら聞くことができた」、「自分の想像と実際の数字がかけ離れていて驚いた」、「他の国についても調べてみたい」といった感想が聞かれました。

講演「一枚のTシャツから世の中を考える」の模様

3.研究協議

金融教育研究校の委嘱を受け、「幸福な生活を築くためのカリキュラムマネジメントの実践-金融教育を通して基礎基本を身につける-」を目標とし、各教科の授業での実践や、総合的な学習の時間における講演会の開催、学校行事「ふれあいフェスタ笛吹」での販売活動や発表活動を通じた奉仕体験など、2年間、金融教育の研究に計画的に取り組んできたことの報告などが行われました。

研究協議の模様

4.プログラム

12:10~13:00
公開授業
(1)評論「何のために『働く』のか」(1年5組 国語総合)
(2)「情報を可視化する」(2年2組 社会と情報)
(3)「金利の実際」(3年理系 数学Ⅱ)
(4)「『買う』ことで社会を変える」(3年総合学科 生活教養)
(5)「ワイン製造における原価計算」(3年4組 ワイン製造)
(6)「市場原理と価格形成」(3年5組 農業経済)
(7)「日経STOCKリーグへの取組」(3年総合学科 課題研究)
授業者:山梨県立笛吹高等学校教諭
藤本嘉一、黒崎良英、原田元三郎、原野理恵、
筒井孝広、清水綾子、古屋章
13:20~14:40
講演「一枚のTシャツから世の中を考える」
講師:洞口勝人氏
15:00~15:50
開会挨拶
山梨県立笛吹高等学校校長 加賀美史朗
研究協議「実践報告」
発表者:山梨県立笛吹高等学校教諭
藤本嘉一、黒崎良英、原田元三郎、原野理恵、
筒井孝広、清水綾子、古屋章
講評者:山梨県金融広報委員会金融広報アドバイザー 樋口勝彦
閉会挨拶
山梨県金融広報委員会事務局長 杉本州次

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報