ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

平成17年度教員のための金融教育セミナー

1. 講演会 「生きる力と金融教育」

子どもの発想や視点を生かすために

池上彰

ご紹介いただきました池上です。私は“NHK週刊こどもニュース”のお父さん役を、今年の3月まで11年間務めましたが、今日はその経験から、“週刊こどもニュース”の裏話を中心に、失敗したことや気付かされた例を挙げながら、子どもに理解してもらうことの難しさや大切さについてお話したいと思います。


そもそも11年前に“週刊こどもニュース”が始まったのは、“世の中いろいろなニュースがあるのだから、子ども向けのニュース番組があってもいいのではないか”という視聴者からの要望を受けたからです。またその当時、子どもの権利条約が発効したこともありまして、そこに“子どもにだって知る権利がある”という条文があって、子どもの知りたいことを伝えることが、大人あるいは報道に携わる者の責務であろうという思いで番組を作っていました。

“週刊こどもニュース”は、土曜日午後6時10分からの生放送なので、出演している子どもたちから、思わぬ質問や感想が出されます。以前、中東問題でパレスチナのテロとイスラエル軍の対立を説明したとき、「子どものケンカみたいだ」と言った子がいて、視聴者から「子どもに何を言わせるんだ」という抗議が殺到しました。子どもに素直な意見や感想、質問を言ってもらう番組ですが、スリルとサスペンスのある番組でもありました(笑)。

私はあの番組に出演していましたがアナウンサーではなく、番組で取り上げるニュースを決め、子どもに分かってもらうにはどのようにしたら良いのかを考え、解説に使う模型の設計をしたり、説明をする際の原稿を書いたりする記者、いわゆる裏方でした。前日の金曜日に行われる出演者打ち合わせでは、解説するニュースの原稿を子どもたちに読んで聞かせ、分からないところがあれば指摘してもらい、そこを分かるように書き直すといったことを行っていたのです。

ニュースを扱う以上、抽象的なこともあります。そこで、抽象的な概念が分かるといわれている小学校5年生ぐらいの子どもを主な対象にして、さらに、子どもたちの成長が早いことも考えて、2~3年ごとに子どもを入れ替え、その際にはお母さんも入れ替えて、新しい家族という設定で番組をお届けしたのです。11年間の間にお母さんも、柴田理恵さん、高泉淳子さん、林マヤさん、林家きく姫さんと4名も替わりました。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報