ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

高校生小論文コンクール

「金融と経済の明日」第9回高校生小論文コンクール(2011年)

講評

「金融と経済の明日」第9回高校生小論文コンクールでは、前回を上回る1,579編が寄せられ、厳正な審査の結果、特選5編、秀作5編、佳作50編が決まりました。今回の募集テーマは、「あなたのライフプランと働くことについて考えよう」、「日本のこれからを考える」、「日本経済を活性化する将来有望な産業とは」、「消費者としてのルール」に自由テーマを加えた5つでした。今回のコンクールでは、わが国がグローバル化や少子高齢化が進むなかでの経済の活性化や悲惨を極めた東日本大震災からの復興など、重い課題を抱えていることを意識した作品が多くみられました。また、従来以上に、各種の参考文献や資料に当たって、論点や論拠を探し出し、小論文を組み立てようとする傾向が窺えました。特選を受賞した作品は次の5編です。

特選・金融担当大臣賞「イリョウノミライ」は、経済を活性化させる有望な産業として医療に着目し、医療現場が抱える課題への対応策や、産業として振興していくための施策を提案しています。地域の民間企業や教育機関などとの積極的な連携は、問題解決のために有効であると述べ、具体策として、旅行代理店と提携した観光&健康診断ツアーや、携帯電話メーカーとの提携による健康データの収集・蓄積システムの構築などを提言しています。医療の現状をよく調べ、具体的な事例を挙げて論拠としながら自分の考えを述べている点や、観光と医療の連携といった発想の新鮮さが高く評価されました。

特選・文部科学大臣賞「地域経済の活性化・発展に向けて」は、少子高齢化が進む日本を救うためには、地域経済を元気にする必要があり、とりわけ、地域経済の主体である中小企業の活性化が不可欠だと述べ、その手立てを、地域の信用金庫の役割に着目しながら論じています。高い技術力を持ちながら知名度の低い企業を支援するために、中小企業の海外進出や新規顧客開拓をサポートするサービスを地域の金融機関によって行うことを提案しています。学校の授業で学んだことや実際に体験したことから考察を深め、自分も将来は、地域の金融機関に就職し、地域経済の活性化と発展に貢献したいと述べるなど、自らの考えを高校生らしい素直な筆致でまとめている点が支持を集めました。

特選・日本銀行総裁賞「経済を活性化させる信頼もコストのうち」は、商品やサービスの根底にある顧客への思いが信頼できる商品やサービスを生み出しており、このことが日本の強みであるとの視点から、議論を展開しています。また、筆者は、将来、医療に携わりたいと考えており、医療分野においても、先端的な医療技術の提供に際して、患者の納得や信頼を得ていくことが重要である旨を指摘しています。そして、先人たちが築き上げてきた日本に対する信頼を受け継ぎ、信頼の経済を目指していくことで、日本経済を活性化させていきたいとの決意を述べています。日本の強みが信頼にあることを分析したうえで、それを自らの夢の実現や日本経済の活性化に活かしていこうとする論述内容が高く評価されました。

特選・全国公民科・社会科教育研究会会長賞「立ち上がれ日本!震災復興と日本経済のこれから」は、リーマンショック後の経済危機や震災による影響を分析しながら、経済を活性化させる策を提案しています。東日本大震災は甚大な被害をもたらしましたが、一方で、日本の技術力の高さや先進国としての力、日本人の特性の素晴らしさに気づき、これらの中に、震災を乗り越え、経済状況を改善するヒントがあり、日本独自の技術を世界に売っていくことで新たな経済成長が望めると論じています。授業で学んだことをベースに、関連図書や新聞記事を参照しつつ日本経済が直面している問題を考察し、まとめている点が評価されました。

特選・金融広報中央委員会会長賞「日本のこれからを働く女性に託する」は、少子高齢化を打開する手立てとして女性のさらなる社会進出に着目し、働く女性を支援する施策として、産前産後休暇や育児休暇制度の整備、出産後の職場復帰を支援するしくみを整え、保育所や託児所を増設すべきと提案しています。筆者は、将来、産婦人科医を目指していて、医療現場でも女性医師の育児休暇後の職場復帰が大きな課題になっていることから、自分の夢を実現させるとともに、こうした状況を改善する手立ても考えていきたいと述べています。社会の現実に目を向け、自分の将来と関連づけながら筋道立てて論を展開し、説得力のある文章となっている点が評価のポイントとなりました。

今回の応募作品では良い例が多くみられましたが、小論文を作成する上では、自らの体験や感じたことのみに限定されずに、図書を参照したり、データを収集したりして、論点を明瞭に整理し、説得力を高めることが重要です。ただし、参考にした文献や引用ないし転載した資料を明記していただく必要がありますので、今後はそうした点にも一層注意していただければと思います。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報