ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル2006

実施報告

金融教育ケーススタディ

小学校の部

開催場所:610会議室 定員:80名(各50分)
開催時刻:【第2回】 16:50~17:40

実践のなかで金銭の大切さと自分らしい使い方を考える
~栽培・収穫した芋や野菜を使った「いも煮パーティ」を開く実践~
小関 禮子 校長  東京都東村山市立野火止小学校
配布資料(PDF 1,089KB)

小関 禮子 校長

野火止小学校の金銭教育と消費者教育は、学校教育全体で取り組むという方針を大きく掲げています。子どもたちの生活を総合的にとらえ、総合的に考えるための一つの糸口、切り口として金銭・金融に関わる教育があると位置づけています。

学校における消費者教育は、よく考え、決定し、行動できる子どもの育成です。広い視野に立って、自らの生活を見つめ、考え、行動できる人間の育成です。生き方に関わる教育ととらえています。


学校では、駐車場を利用して始めた学校菜園を活用して、各学年が野菜やイモを栽培しています。5年生はサトイモやニンジン、ダイコンを育てており、子どもたちはお世話になった地域の方やボランティアで交流している授産施設の方を招待して、収穫したイモを使った「いも煮会」を計画しました。子どもたちはこの授産施設を訪問するようになり、施設の人々と一緒に作業をすることを通してお金を得ることの大変さを実感していきました。同時に、サトイモやダイコンを育て、収穫していく体験から自分たちが働くことの大変さを知っていきました。「不労所得」と「苦労所得」(子どもたちの苦労の所産であるという意味の造語)の違いにも気づくことになりました。

子どもたちの実際の生活の場は家庭であり、地域です。こうした体験を通じて、学校、家庭、地域が相互に緊密な連携を保ち、補い合うことによって金銭教育は推進されるととらえています。大量生産、大量消費の時代に生まれ育った現代の子どもたちは、消費生活に漬かっているため自らの生活の問題点に気づかないことが多いが、こうしたことをしっかり見据えた視点をもって指導し、考える時間を与えれば、子どもたちは問題意識をもって学習するようになり、教師が予想する以上に理解度を深めることができます。

金融教育ケーススタディの目次

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報