ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル2009

暮らしに役立つ講演会

講師 : 宇都宮 健児氏 (弁護士)

「金融トラブルにあわないために~人はなぜ多重債務に陥るのか~」
対策協議会、地元の弁護士会などに相談を-解決は必ずできる

宇都宮 健児氏

私は中学校や高校で話をすることがありますが、多くの生徒がサラ金(消費者金融)を銀行と同じようなものだと思っているのではないかと感じます。これはサラ金業者がテレビでコマーシャルをしており、しかも、全国どの都市でも駅前にサラ金の看板が出ていて、繁華街には無人契約機があります。ですから、つい簡単に借りてしまうことにもなります。

このサラ金の利用者は1,000万人を超え、クレジットカードも3億枚発行され、これにもお金が借りられるキャッシング機能が付いています。ともに金利は非常に高く、返済できなくて困っている人は200万~300万人、3社以上のサラ金から借りている人は293万人にも上っています。

複数のサラ金やヤミ金、カード会社からの借り入れが増え、返済のための借り入れができなくなった時に、夜逃げや自殺をする人が出ているのは、ご存じの通りです。

私は30年ほど前から多重債務者側の代理人になり、この問題に取り組んでいますが、1983年に貸金業規制法が施行され、サラ金業者が登録制になり、夜9時以降と朝8時以前は取り立てが規制されると同時に、弁護士が間に入ったら、直接、多重債務者本人への取り立てができなくなりました。

講演会の風景

2006年の出資法改正では、早ければ2009年12月、遅くとも2010年6月までには、上限金利がそれまでの29.2%から20%に引き下げられることになっています。これにより、利息制限法の制限金利と出資法の上限金利との間のグレーゾーンが撤廃され、加えて、貸金業法の改正により年収の3分の1を超えた貸し付けができないという総量規制も導入されます。

並行して、全国47の都道府県に多重債務者対策協議会が設置され、地元の弁護士会、司法書士会、被害者団体などが参加して、多重債務者の相談に乗ったり、多重債務を抱えて困っている人を掘り起こしたりする活動をしています。今年10月からは市町村の社会福祉協議会が窓口となっている生活福祉資金も借りやすくなりました。

借金は恥だという考え方が強く、友達、親戚よりも、サラ金から借りてしまいがちですが、サラ金から借りなければ多重債務には陥りません。厳しい取り立てにあっている人のほとんどは一人で、あるいは家族だけで悩んでいます。しかし、対策協議会、地元の弁護士会などに相談すれば解決は必ずできます。過払金が返ってくるケースもあります。

日弁連が全国の自己破産者を調査したところ、借金をした理由は生活苦、低所得、病気、失業、給料の減少、事業資金、他人の借り入れの保証などが多く、ギャンブルや遊興費は数%しかありません。相談窓口の存在や、出資法、利息制限法、多重債務の解決方法などを広く知らせ、学校でもこうした教育をしていくことが重要であり、ワーキングプア、貧困、格差といった問題を解決し、高利貸のいない社会への転換のために社会全体で取り組んでいくことが求められるのではないでしょうか。

プロフィール

1946年

愛媛県に生まれる

1969年

東京大学法学部中退、司法研修所入所

1971年

弁護士登録、東京弁護士会所属
以後、日弁連消費者問題対策委員会委員長、日弁連上限金利引き下げ実現本部本部長代行、東京弁護士会副会長、豊田商事破産事件破産管財人常置代理人、KKC事件・オレンジ共済事件・八葉物流事件被害対策弁護団団長などを歴任


現在

内閣に設置された多重債務者対策本部有識者会議委員、日弁連多重債務対策本部本部長代行、全国クレジット・サラ金問題対策協議会副代表幹事、高金利引き下げ・多重債務対策全国連絡会代表幹事、全国ヤミ金融対策会議代表幹事、地下鉄サリン事件被害対策弁護団団長、オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長、反貧困ネットワーク代表、人間らしい労働と生活を求める連絡会議(生活底上げ会議)代表世話人、年越し派遣村名誉村長、週刊金曜日編集委員


著書

『消費者金融 実態と救済』(岩波新書)
『多重債務被害救済の実務』(編著 勁草書房)
『ヤミ金・サラ金問題と多重債務者の救済-返さなくてもよい借金がある』(明石書店)
『自己破産と借金整理法』(自由国民社)
『イラスト六法 わかりやすい自己破産』(自由国民社)
『多重債務の正しい解決法-解決できない借金問題はない』(花伝社)
『ヤミ金融撃退マニュアル』(花伝社)
『お金で死なないための本 いつでもカード、どこでもローンの落とし穴』(監修 太郎次郎社エディタス)
『もうガマンできない!広がる貧困-人間らしい生活の再生を求めて』(宇都宮健児・猪股正・湯浅誠編著 明石書店)
『反貧困の学校-貧困をどう伝えるか、どう学ぶか』(宇都宮健児・湯浅誠編著 明石書店)
『派遣村-何が問われているのか』(宇都宮健児・湯浅誠編著 岩波書店)など


著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報