ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

つかえるけれど、すてちゃうの?

現代の子どもたちは、あふれんばかりの「もの」に囲まれ、すぐ入手できる環境で育っています。そのためものがなくて困る不便で不自由な生活を知らず、ものを大切にする習慣がなかなか身につきません。ものを大切に扱わない、落とし物をしても探すことをしないのは子どもだけでなく、大人も同じです。傘を筆頭に車内の忘れ物のほとんどは、持ち主のもとに戻ることなく廃棄されるか業者に引き取られています。このことはものが豊富に入手でき、粗末に扱われていることの証です。

地球規模で資源の枯渇が大問題になっている今、「ものを大切に、最後まで使い尽くす習慣」を身につけることは、どのように環境が悪くなっても暮らせる「生きる力」の修得に欠くことができません。「ものを大切にする」しつけは保護者にとって子育ての大きな責任の一つといえましょう。

子どもに助言

就学前の子どもは保護者へ無条件に信頼を寄せています。子どもが理解できてもできなくても「大事に使おうね、もののおかげで暮らしていけるのよ」などの声かけをしながら、ものを大切に使う暮らしを体得させましょう。実行できたときには必ずその場で褒め、「よくできてうれしい」と保護者の喜びの気持ちも忘れず伝えましょう。

小学校低学年の理解力の高まり方は、成人のそれとは比較にならないほど高いものです。ものがどんなに多くの人たちの労力によって作られているか、その原材料が有限であるかなどを子どもが納得するまで何度も語ってください。持ち物には名前を自分で書かせ、所有意識をもたせましょう。子どもに現金でじかにものを買う機会がありましたら、ぜひさせてみましょう。世界にはものが不足して不自由な暮らしをしている子どもたちがたくさんいることも忘れずに話して下さい。

本当に「必要なものなのか」「大切に使いきったか」「修理して使えないか」「ほかの人に使ってもらえないか、ほかの目的で使えないか」など、子どもたちと一緒に保護者も折に触れチェックし、ものは与えすぎないように、使い方にも気配りをしてください。

まずは持ち物調べから始めてみましょう。

大量消費から循環型生活へ

私たちが便利で豊かな生活ができるのは、地球上の資源を使って生活に必要な「もの」が大量に作られ、それらを消費できるからにほかなりません。この大量生産、大量消費の生活様式に今イエローカードが出され始めています。資源の枯渇と自然環境の破壊です。

この危機を回避するには「有限な資源の有効な活用」、言い換えれば「ものを大切に使う」循環型の生活様式にライフスタイルを転換するほか方法はありません。

※現代の資源の有効活用、循環型生活様式3R(Reduce, Reuse,Recycle)については下記のサイトをご参照ください。
3R政策(経済産業省へリンク)

このテーマも学んでみよう!

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報