ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

同じものでもねだんが違う

お母さんはうちの店長さんでコックさんで店員さんですごいなー。百太くんのお母さんは、働きものですね。

たしかに、レストランのカレーは、家でつくるよりも高くなっていますね。

ここでは、レストランで食べるカレーライスを例に、値段はどうやって決まるのかを考えてみましょう。

カレーライスを作るためには何が必要でしょうか?

まず「米」、「カレー粉」、「にんじん」、「ジャガイモ」、「玉ねぎ」など、カレーを作るための材料が必要ですね。そして、材料を買うためにトラック等を使うのであれば、そのお金もいりますし、カレーをもりつけるための皿やスプーンなども必要です。また、料理をするときに使うなべ、水やガス、電気なども必要になります。「レストラン」というからにはその店の建物がないとだめですし、お客さんが来たときに注文をとったり料理を運んだりする人も必要です。

必要なものがたくさん出てきました。これらを用意するためには、もちろんお金が必要です。

カレーライスにいくらのねだんをつけますか?

カレーライスすべての必要なものを用意するためにかかったお金を、カレーライス一皿あたりで計算すると500円になったと考えてください。さて、あなただったら、いくらのねだんをつけますか。

500円?でもそれだと、必要なものを買うためにすべてのお金を使ってしまいますから、全然もうけがありませんよね?ですから、ここに店の「りえき」を足すことが必要です。

りえきを出すためには高ければ高いほどいいのだから、カレー一皿を5,000円で売ってみましょうか?もし、カレーを売っている店が1つだけしかなければ、5,000円でも食べてくれる人がいるかもしれません。でも、近くにある別のレストランでカレー一皿を800円で売っているとしたら、あなたの店の高いカレーは、よほどみりょくがないかぎりだれも食べてくれないでしょう。

つまり「もののねだん」というものは、作るためにかかったさまざまな費用と、ほかの店のねだんと比べて安くするか高くするかによって決まってくるわけです。ただ、単に安ければいいわけでもありません。いくら安くても、おいしくなければだれも食べてくれないでしょうし、反対に、食べる人がなっとくするのであれば、ほかの店より高い値段であっても選んでくれる人がいることでしょう。結局は、そのねだんで買ってくれる人がいるのかどうか?ということが大事だということです。

カレーライスを家で食べる場合は、店員さんにはらう給料やお店を出すためのお金、そしてもうけなどは考える必要がありませんから、レストランで食べるよりも安く作ることができるというわけです。

このテーマも学んでみよう!

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報