ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

大学生のための 人生とお金の知恵

I. 人生のデザインとお金

1. これまでかかったお金

1) 高校を卒業するまでにかかったお金

  • あなたが生まれてから高校を卒業するまで、どのくらいお金がかかったのでしょうか?

    • 「期間×金額」で考えてみてください。高校を卒業するまで、「期間」は月数でみると200か月を超えます(18年×12か月=216か月)。「金額」を仮に月5万円としても1千万円を超えます。月10万円とすると、2千万円を超えます

  • 1つの試算を挙げてみます。

    高校卒業までにかかるお金(試算)
    教育費以外[2] 約2,200万円
    学校教育費[3] 公立コース 約170万円
    私立コース 約1,080万円

    (出所)金融広報中央委員会『これであなたもひとり立ち』を参考に作成[4]

  • 教育費以外で2千万を超えています。学校教育費を含めると、公立コースで2千万円台半ばです[5]。私立コースでは3千万円を超えます(家庭教育費<習いごと、塾など>や学校外活動費は、上表の試算には含めていません)。実際にかかったお金は、人によって異なりますが、「大きなお金がかかった」ことは実感できるのではないでしょうか。

2) 大学を卒業するまでにかかるお金

  • 大学に入学し、卒業するまでの4年間には、どのくらいのお金がかかるのでしょうか?

  • 最も安い国立の自宅生で500万円強、私立理系の自宅外生では1千万円強です。

    大学4年間にかかるお金(試算[6]
      自宅生 自宅外生(寮生除く) うち入学金・授業料等[7]
    国立 530万円 810万円 240万円
    私立 文系 710万円 980万円 420万円
    理系 860万円 1,140万円 580万円
    (参考)医学部 2,690万円 2,970万円 2,410万円

  • なお、忘れがちな費用として、「機会費用」があります。大学に進学したことに伴い、入学金・授業料等のほかに、1千万円近い機会費用が発生しています。

    • 機会費用とは、何かの選択をして、「機会を得た」=「別の機会を失った」ことに伴う費用です。逸失利益とも呼ばれます。

    • ここでは、「大学に進学する」選択をし、その機会を得ています。これは「大学に進学せず、就職して働く」機会を失ったことを意味します。仮に、高校を卒業して就職していたら年250万円の収入があったとすると、4年間では1千万円の機会費用が発生することになります。

  • 機会費用も含めて、大学進学にかかる費用は、さまざまな能力を高めるための「投資」と考えられます。大学に進学することは、多額の投資をしていることになります。大学進学にかかる費用を上回る能力を身につけることが望まれます。

【コラム1】 奨学金

  • 大学や専門学校に進学した人の約半数は、何らかの奨学金を利用しています。

  • 最も利用者が多いのが日本学生支援機構の奨学金です。大学生の2.6人に1人が利用しています。

  • 同機構の奨学金は貸与型が中心で、返済する必要があります。返済は原則として卒業の半年後から始まります。奨学金も、能力を高めるために借りているものと考えることができます。

    • 返済できずに延滞した場合、延滞金利(年率5%)が課されます。3か月以上延滞した場合、信用情報機関に登録され、クレジットカードを作れなくなったり、住宅ローンを組めなくなったりします。3か月以上延滞している人は、全体で約16万5千人です(2014年度末)。

    • 返済できない事情がある場合、一定の要件の下で返済の猶予が認められます。ただし、猶予期間は最大でも10年です。自動的に猶予されるものではなく、申請する必要があります。

  • 社会人となって収入を得、奨学金を返済できるよう、学生時代に能力を高めておく必要があります。

脚注

[2]

「教育費以外」の内訳は、食費約450万円、こづかい・交際費約420万円、住居費約420万円、通信・交通費約340万円、教養娯楽費約190万円、水道光熱費約150万円などと試算しています。

[3]

「学校教育費」のうち、「公立コース」は幼稚園から高校まですべて公立、「私立コース」はすべて私立に通った場合の試算です。幼稚園は2年として試算しています。

[4]

『これであなたもひとり立ち』のワーク2「私の命を育んだお金はいくら?」は、生まれてから高校を卒業する18歳までの間に、どのくらいのお金がかかったのかを計算するワークです。同書の教師用『指導書』に、参考計数も掲載しています。上表の試算は、同書(2016年11月版)を参考にした試算結果です。
これであなたもひとり立ち 
これであなたもひとり立ち指導書 

[5]

学校教育には、税金もかかっています。たとえば、公立学校児童・生徒1人に、小学生では約86万円、中学生では約98万円、高校生(全日制)では約98万円が1年間に支出されています(平成25年度)。これらを合計すると小・中・高の12年間で約1,106万円となり、1千万円以上税金がかかっていることになります。

[6]

金融広報中央委員会が『私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査結果』(文部科学省)および『学生の消費生活に関する実態調査』(全国大学生活協同組合連合会、2015年10〜11月実施)に基づいて行った試算です。

[7]

「入学金・授業料等」以外の支出は、生活費です。自宅生で約290万円、自宅外生で約570万円と試算しています。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報