ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

第2部 相続税と贈与税

9.相続時精算課税制度

Ⅰ.相続時精算課税制度のあらまし

平成15年の税制改正で、相続税と贈与税を一本化する相続時精算課税制度が創設されました。

長寿・高齢化の進展に伴い、高齢者の保有する資産を早期に次の世代に円滑に移転することができるよう、贈与段階の課税については、相続時の精算を前提に、贈与税の支払が軽減されるという制度です。一たん、この制度を選択した場合には、以後、撤回することはできませんので、専門家に相談するなど慎重に選択してください。

Ⅱ.相続時精算課税制度

1.適用対象者

この制度の適用対象となる贈与者は、65歳以上の親、受贈者は20歳以上の子である推定相続人です。子が亡くなっているときには、20歳以上の孫にも適用されます。養子も一親等の血族であり推定相続人ですから、人数に制限なく適用されます。

2.適用の手続

この制度を選択しようとする受贈者(子)は、その選択をした最初の贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に、税務署長に対して、相続時精算課税制度を選択する旨の届出書を贈与税の申告書とともに提出します。この届出は、受贈者が、各々贈与者(父又は母)ごとに提出することができます。注意しなければならない点は、最初の贈与の際の届出により相続時までこの制度は継続して適用され、撤回することはできません。

3.適用の対象となる財産

贈与財産は金銭に限定されません。みなし贈与財産も含まれ、その種類や金額、贈与回数には一切制限はありません。受贈財産は、相続開始時に、たとえ、無価値となっていたとしても、贈与時の評価額で加算されることになりますので、物価変動の影響も考慮し、相続時までに評価額が値上がりしそうな財産を選択すると有利になります。

4.税額の計算

(1)相続時精算課税制度を選択した場合

ア. 贈与税額の計算

受贈者である子は、この制度による贈与をした親からの贈与財産については、他の贈与財産と区別し、選択した年以後の各年にわたってその贈与をした親からの贈与財産の価額の合計額を基に、贈与税を計算します。非課税枠2,500万円に達するまでは何回でも無税、2,500万円を超える場合には、2,500万円を控除した残額に一律20%の税率を掛けて計算します。

注意!

この制度を選択した年以後は、基礎控除110万円を控除することはできません。贈与財産の種類や贈与回数に制限なく、特別控除額の2,500万円まで、無税で贈与(2,500万円を超えると20%の定率で課税)することができます。

*平成15年1月1日から平成19年12月31日までの間に住宅取得資金の贈与を受けた場合には、特例があります。

イ. 相続税額の計算

この制度を選択した受贈者である子は、親の相続開始時に、相続財産の価額に相続時精算課税制度を適用した贈与財産の贈与時の価額を加算して相続税額を計算し、この制度により既に支払った贈与税額を控除します。その際、控除しきれなかった贈与税額がある場合には、還付を受けることができます。

(2)相続時精算課税制度を選択しなかった場合

ア. 贈与税

贈与財産の価額から基礎控除額110万円を控除し、贈与税の税率を掛けて贈与税額を計算します。

イ. 相続税

贈与者が亡くなったときの相続税の計算は、相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けている場合を除き、相続財産の価額に贈与財産の価額を加算する必要はありません。

従来の制度と相続時精算課税制度との比較
  従来の制度 相続時精算課税制度
贈与者の年齢 制限なし 65歳以上
受贈者の年齢 制限なし 20歳以上
相続開始時に加算される財産 相続開始前3年以内の贈与財産 この制度を選択した後の全部の贈与財産
加算される贈与財産の価額 贈与時の相続税評価額 贈与時の相続税評価額
贈与税が相続税を超える場合 差額分は還付されない 差額分は還付される
贈与財産からの債務控除 できない できる
受贈財産の物納 できる できない

Ⅲ.住宅取得資金の贈与の特例を受けた場合

住宅取得資金の贈与の特例を受ける場合は、贈与者(原則として父母)が65歳未満であっても、相続時精算課税制度を選択することができます(ただし、受贈者は、贈与の年の1月1日現在で20歳以上であることが必要です。)。

相続時精算課税制度を選択し、かつ、平成15年1月1日から平成19年12月31日までの間に住宅取得資金贈与の特例を受けた場合には、2,500万円の特別控除額に、さらに1,000万円を上乗せした3,500万円の特別控除を受けることができます。この制度による祖父母から孫への贈与は、孫が代襲相続人となる場合(孫の親が亡くなっている場合)以外は対象外となります。

父母だけでなく、祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた場合は、従来からの住宅取得資金贈与の特例があります。この特例は、平成15年の改正により廃止されましたが、経過措置として、平成17年12月31日までは、下記の要件をすべて満たしている場合には、550万円までは無税、1,500万円までは贈与税の負担を軽減するという特例の適用を受けることができます。

住宅取得資金贈与の特例(平成17年12月31日までの経過措置)の要件

  1. 贈与を受けた年の合計所得金額が1,200万円以下であること
  2. 贈与を受けた日前5年以内に本人又は配偶者が所有していた住宅に居住したことがないこと
  3. この特例を以前に受けていないこと
  4. 取得する建物は50m²以上であること
  5. 中古建物は、木造建築物は築後20年以内、耐火建築物は築後25年以内であること
  6. 贈与を受けた年の翌年3月15日までにその家屋を取得し、そこに住むこと
  7. 税額がゼロであっても贈与税の申告書を提出すること

Ⅳ.相続税と贈与税の速算税額表

相続税の速算税額表(平成15年1月1日以後)
課税標準 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
3億円以下 40% 1,700万円
3億円超   50% 4,700万円
贈与税の速算税額表(平成15年1月1日以後)
基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10%
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超   50% 225万円

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報