ホーム  教える・学ぶ  金融教育・消費者教育  行動経済学の金融教育への応用による消費者の学習促進と行動改善

行動経済学の金融教育への応用による消費者の学習促進と行動改善

― 行動経済学の応用により、金融教育の効果向上を図るための具体例 ―


海外では、行動経済学に基づいて消費者の金融行動を見直し、そこから得られる知見を金融教育の効果向上に役立てようとする動きが活発化しつつあります。

本論文では、行動経済学の金融教育への応用による消費者の学習促進や行動改善について、「行動喚起」、「意欲向上」、「行動持続」の三つの目標行動に即した具体例を紹介しています。

こうした手法の活用は、無関心層への働きかけや、行動の意思と実際の行動の間のギャップの存在といった課題に対しても、新たな視点を提供してくれるもの、と期待されます。



行動経済学の金融教育への応用による消費者の学習促進と行動改善 ― 行動経済学の応用により、金融教育の効果向上を図るための具体例 ―(PDF 115KB)

収録データをご覧いただくためには、「Adobe Reader」というソフトウェア(無償)が必要です。ご使用のパソコンに同ソフトウェアが導入されていない場合は、以下のダウンロードページより最新のソフトウェアをインストールしてご覧ください。