ホーム  教える・学ぶ  学校における金融・金銭教育  金融教育の手引き

金融教育の手引き

目次

表紙

1.金融教育とは

2.なぜ、金融教育が必要なの?

3.どんな内容を学ぶの?

4.学校で教える必要があるの?

5.どの教科等で教えるの?

6.時間が限られている。どう工夫すればよいか?

7.消費者教育との関係は?

8.キャリア教育との関係は?

9.食育、環境教育、法教育との関係は?

10.どんな教材があるの?

11.教材をどのように使えばいいの?

12.例えばどんな実践事例があるの?

(参考)金融教育の体系や、各学校段階でのポイントは?

刊行物の入手方法

金融教育の手引き

全ページ一括のファイル(PDF 1,292KB)

金融教育は、お金に関する幅広い学習を通じて、子どもたちの生きる力をはぐくむ教育です。
この手引きは、金融教育に少しでも関心がある方、「金融教育をはじめてみよう」と考えている方のための「金融教育の進め方」のご案内です。



本コーナーは、金融広報中央委員会発行の「金融教育の手引き」(2013年(平成25年)3月発行)を転載しています。


収録データをご覧いただくためには、「Adobe Reader」というソフトウェア(無償)が必要です。ご使用のパソコンに同ソフトウェアが導入されていない場合は、以下のダウンロードページより最新のソフトウェアをインストールしてご覧ください。