ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

高校生小論文コンクール

「金融と経済の明日」第2回高校生小論文コンクール(平成16年)

キミのホンネで日本経済を変えてみないか?

「地域通貨の必要性」

特選・文部科学大臣奨励賞

長崎県 長崎県立佐世保西高等学校 1年 畑田 麻希

「地域通貨」は、地域地域の特性が表れた実にユニークな通貨だ。他人に「してあげられること」「してほしいこと」を地域内で出し合い、老若男女を問わずに、お互いの才能や能力を発揮し、助け合い助けられる。そこが、地域通貨の魅力ある点だ。地域だからできるという、どこか温みがあり、地域の輪が感じられる所もよい。

実を言うと、今まで私は、地域通貨というものをあいまいにしか知らなかった。と言うより少し耳にしていた位で、普通の通貨となぜ区別しているのかという疑問があった。調べてみて初めて、地域通貨に込められた意味が分かったが、国内のほとんどの人が、この間までの私のように地域通貨の存在する意味を知らない、あるいは地域通貨が存在することすら知らないというのが現状である。

私は、このような状態が改善され、この地域通貨が人々にとってもっと身近になり、多くの人が利用する機会を持つべきであると考える。そのためには、地域通貨をどのように役立ててゆけば良いのだろうか。

まず第一には、地域通貨がもっとたくさんの地域に浸透していかなければならない。まだまだ地域通貨が使用されている地域は少ないし、使用されても、すぐに休止になってしまったり、一時的なもので終わってしまったり、具体化されるものの運用されなかったりしているのが現状である。

私の住んでいる長崎県でもまだ6つほどしか実施されていない。もっと地域通貨を浸透させるためには、どのようにすればよいのだろうか。例えば、地域通貨を知らない人も多いのだから、地域通貨を一人一人に配り、慣れ親しんでもらうとか、回覧板や町内新聞などに地域通貨のコーナーを設けて、地域通貨のことを知ってもらい、色々な人の意見を聞くだとか、方法はいくらでもある。

大切なことは、どんな形であれ、たくさんの人に地域通貨について理解してもらうことだ。

そして、地域通貨の一番の役割は、地域通貨を通してのふれ合いによって、相手を知り、新しい自分自身を見つけるという点にある。

例えば、沖縄県那覇市の栄町市場では、地域を元気にする道具の一つとして、地域通貨を導入している。市場を買い物の場にとどめず、住民交流の場にするためだそうだ。商品券のように品物と交換できる価値は持たせずに、「自分にできること」「相手にしてほしいこと」を取り引きするのに使う。まさに心の通った交流である。

このような取り組みを通じて、さまざまな年齢のさまざまな考え方を持った人たちと交流できる点で、地域通貨は非常に有効であると考える。普通の通貨では見られないような素晴らしい特性を持っている。色々な人とコミュニケーションをすることで、自分にとっても相手にとってもプラスになる面があるだろう。

そして、私が特に推進していくべきであると考える地域通貨は、「時間通貨」だ。地域通貨には、さまざまな形があるが、時間通貨はその中の一つである。誰もが平等にもっている時間を単位とし、その中でお互いの能力を発揮し、助け合っていくというものだ。

時間による評価を徹底することによって助け合いにおいて皆が平等な価値を持っているということを示せる手段として私は非常に良い方法だと考える。

地域通貨には、どれが正しいとか、どうしなければならないという決まりもない。自分達の手で、自分達の暮らしに合った地域通貨を作ることができる。そこが地域通貨の魅力であるし、だから私は、たくさんの地域でその地域独特な地域通貨が増えていってほしい。

現代の社会では、お金があれば何でもできるとか、お金さえあれば幸せになれるとか、そういう考えを持っている人が多いが、それは、間違っている。確かにお金があればたくさんのモノが買えるが、いくらお金やモノをたくさんもっていたとしても幸せではない人はたくさんいる。

お金やモノには心がないからだ。地域通貨は、お金には出来ない人と人とをつなげる役割がある。私は、現代のこのような社会であるからこそ地域通貨のような、人とのつながりを深めていくようなものが必要であると考える。

「長い間、住んできた自分の町をもっと明るい町にしたい」
「自分らしく生きるために、生きがいをもって暮らしたい」

もしそういう想いを持っている人がいたら、規模が小さくても地域通貨を使用してみてはどうだろうか。きっと新しい自分を見つけることが出来るだろうし、人に喜ばれる嬉しさも知ることができるだろう。

お互いに支え合える素晴らしい社会が、実現されるためのきっかけとして、これからも地域通貨が活躍していってほしいと私は願う。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報