ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

「おかねの作文」コンクール

それぞれの作品では、作者の身近な体験や親との交流などから、おかねの価値や貯める大変さ、おかねの使い方やものを大切にすることなどを学んでいく過程がいきいきと表現されています。みなさんもこの作品集を読んで、自分がふだんなにげなくもらったり使ったりしているおかねやものの大切さについて考えてみてはいかがでしょうか。

目次

  • 第50回(2017年)募集終了
    • 募集要項(PDF 599KB)(締め切り:9月20日)
    • 学校で応募される場合は、学校専用応募用紙をご利用ください。
      学校専用応募用紙(PDF 257KB)
    • こちらの原稿用紙をご利用になることもできます。
      原稿用紙(PDF 55KB)
    • コンクール事務局 TEL.03-6265-6818(土・日・祝日を除く10時~17時)
    • 作品募集ホームページ(http://www.ron2017.jp/)

第49回(2016年)入賞作品
テーマは、お金に関することであれば「自由」(自由テーマ)。全国の中学生から寄せられた、3,392点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第48回(2015年)入賞作品
テーマは、お金に関することであれば「自由」(自由テーマ)。全国の中学生から寄せられた、3,203点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第47回(2014年)入賞作品
テーマは、お金に関することであれば「自由」(自由テーマ)。全国の中学生から寄せられた、3,156点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第46回(2013年)入賞作品
テーマは、お金に関することであれば「自由」(自由テーマ)。全国の中学生から寄せられた、3,754点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第45回(2012年)入賞作品
選択テーマは「活(い)きたおかねの使い方とは」、「地域(経済)を元気にする取り組み」、「私のおかねのルールやわが家の約束事とは」、「将来の夢の実現とおかねの関わり」、「自由テーマ」の5テーマ。全国の中学生から寄せられた、3,126点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第44回(2011年)入賞作品
選択テーマは「活(い)きたおかねの使い方とは」、「地域(経済)を元気にする取り組み」、「私のおかねのルールやわが家の約束事とは」、「将来の夢の実現とおかねの関わり」、「自由テーマ」の5テーマ。全国の中学生から寄せられた、4,120点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第43回(平成22年)入賞作品
選択テーマは「活(い)きたおかねの使い方」、「いま、地域を元気にしている会社や商店について考える」、「私のルール・わが家の約束事」、「将来の夢の実現とおかねの関わり」、「その他(自由テーマ)」の5テーマ。全国の中学生から寄せられた、約4,700点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第42回(平成21年)入賞作品
選択テーマは「私の活(い)きたおかねの使い方」、「いま、地域を元気にしている会社や商店について考える」、「将来の夢の実現とおかねの関わり」、「携帯電話やインターネットとの付き合い方」、「悪質商法の被害にあわないためのわが家の対策」、「その他(自由テーマ)」の6テーマ。全国の中学生から寄せられた、約4,500点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第41回(平成20年)入賞作品
選択テーマは「私の活きたおかねの使い方」、「携帯電話やインターネットとの付き合い方」、「将来の夢の実現とおかねの関わり」、「悪質商法の被害にあわないためのわが家の対策」、「私が会社を作るなら」、「その他(自由テーマ)」の6テーマ。全国の中学生から寄せられた、約4,100点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第40回(平成19年)入賞作品
選択テーマは、「私が会社を作るなら」、「私の活きたおかねの使い方」、「携帯電話やインターネットとの付き合い方」、「将来の夢を実現するために考えていること」、「悪質商法の被害にあわないためのわが家の対策」、「その他(自由テーマ)」の6テーマ。全国の中学生から寄せられた、約4,200点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第39回(平成18年)入賞作品
選択テーマは、「クレジットカードやローンをじょうずに使うには」、「金融機関の役割とじょうずな利用法」、「将来の夢の実現とおかね」、「悪質商法の被害にあわないための心がけ」、「私の活きたおかねの使い方」、「貯める金利、借りる金利―金利について考えよう!」、「その他(自由テーマ)」の7テーマ。全国の中学生から寄せられた、約3,200点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第38回(平成17年)入賞作品
選択テーマは、「よりよい消費者になるために」、「悪徳商法の被害にあわないための心がけ」、「将来の夢の実現とおかね」、「私の活きたおかねの使い方」、「おかねを借りることについて」、「その他(自由テーマ)」の6テーマ。全国の中学生から寄せられた、約3千百点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第37回(平成16年)入賞作品
選択テーマは、「消費者としての自分」、「悪質商法にあわないために」、「身近な景気、不景気」、「私の夢と将来設計」、「おかねの役割」、「"金融"から連想するもの(こと)」、「ローンをどう考える」の7テーマ。全国の中学生から寄せられた約2千点の応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第36回(平成15年)入賞作品
この回から、中学生のみを対象としたコンクールにリニューアル。全国の中学生から寄せられた、3千点を超える応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第35回(平成14年)入賞作品
全国の小中学生から寄せられた、2万点を超える応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

第34回(平成13年)入賞作品
「貯蓄の作文」コンクールが、「おかねの作文」コンクールとしてリニューアル。全国の小中学生から寄せられた、3万点を超える応募作から選ばれた入賞作品をご紹介しています。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報