ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

第45回 全国婦人のつどい

「暮らしと金融・経済に関する消費者セミナー」

全体会講義(要旨)「不良債権と私たちの暮らし」

自分の生活は自分で守ろう

では、どうしたらいいのでしょうか。

まず申し上げたいのは、我々を取り巻く環境の厳しさはまだまだ続くということです。財政も非常にピンチです。国と地方を合わせると借金が大体700兆円位になっています。国民1人あたりに換算すると大体560万円です。4人家族だと2,240万円です。こうなると、どこかの時点で大幅な増税をしないと、景気回復だけに期待していては多分だめなのです。

それから年金問題があります。その根っこは少子高齢化です。

先般、厚生労働省がショッキングな案を出しました。現役世代の払う保険料が、今、年収換算で大体13.58%です。しかし何年か後には負担率を23.1%にせざるを得ないと言っています。

そんなに保険料を取ると反乱が起きるので、今度は年収の20%までに給付水準を押さえようと考えています。その場合の給付がどれくらい減るかですが、例えばある全国紙の試算では41歳、年収580万円の会社員で年金が約1,000万円減るのです。専門家によるとこの前提でもまだ甘い、という話です。ですからもっと減る可能性が高いのです。

そういう生活環境の厳しさを考えますと、重要なのは自助努力の大切さ、自分で自分の生活を守るということです。その場合必要なのはおそらく3つあると思います。

一つは健康です。二つ目は専門性とか技術、飯を食っていける能力です。三つ目はいざというときの蓄えです。金融資産等をしっかりと持つということです。しっかりと自分で情報を集めて、自分で学んで自分で判断をするということです。

そこで重要になるのが経済・金融に関する教育活動です。

例えばアメリカでは、小学生に株式投資を実践的に教えています。ところが日本の学校はやっていません。今の大学生、株式投資の何たるか、どういうリスクがあるのかについて、理解している人はほとんどいません。従って本日出席の皆さんのような方々が、一般の方々に情報を提供するのが重要だということです。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報