ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

第46回 全国婦人のつどい

「暮らしと金融・経済に関する消費者セミナー」

全体会講義(要旨)「年金制度の将来と私たちの暮らし」

負担増をどう解決するか

では、負担増でバランスシートはどう変わるでしょうか。保険料を上げて、国庫負担を2分の1にして給付を下げる、事実上こういう提案で、すべて将来拠出対応部分に反映します。

保険料が18.30%まで上がることを念頭において、将来支払われる保険料を1回払いで払うとします。保険料が1170兆円から1500兆円に、国庫負担が180兆円から270兆円になり、合わせて資産が1770兆円です。給付は現行維持と仮定すると1430兆円のままで、これから保険料を納める若い世代は、負担の8割ほどしか返ってこない構造になります。

資産超過額は340兆円ですが、将来は給付を50%水準に減らすといっているので、給付債務が減ることを考えると、資産超過額は440兆円に変わります。その金で、過去の債務超過額を帳消しにする。これが政府の考え方です。バランスシートは両方合わせると健全化されますが、これで皆さん納得できるでしょうか。

過去の借金をつくったのは、今の年金受給者であり、団塊の世代です。政府は楽観論に基づいて給付の大盤振る舞いをしたけれども、お金の手当てをあまりしてこなかった。そのために、これから若い人に税金、保険料を払ってもらって穴埋めをしましょうという話なのです。それでは、若い人たちは納得しないでしょう。

もう一つ、お金をもう少し積み増す方法はないのかということです。

将来の見通しが甘く、負担を先送りしてきた責任の一端は、現在の年金受給者および団塊の世代にあるのではないか。そうすると年金受給者になっても、お金を出し続けることを考えなくてはいけない。たとえば消費税の増税を受け入れ、それを年金財源とする方向はいかがでしょうか 。

これからは高齢者の医療費用も、急ピッチで膨らんでいきます。負担は個人、企業とも、部分的に引き受けていかざるを得ない状況です。そうしますと、企業も、厚生年金から離脱したり、合法的に負担を回避する方法を探ることになってしまいます。日本全体として健全なことではありません。保険料を政府がいうように引き上げていいのか、その辺を考えていただきたいのです。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報