ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

第46回 全国婦人のつどい

「暮らしと金融・経済に関する消費者セミナー」

全体会講義(要旨)「年金制度の将来と私たちの暮らし」

誰もが納得できる税金負担とは

年金は経済と共にあると考えると、経済の動きに対して伸縮的、かつ弾力的に対応するのがよいと思います。今、厚生年金積立金は170兆円です。2050年までを見ると、政府の方針では積立金は増える一方です。保険料を強制的に徴収してお金を余らせ積立金を増やし、給付は徹底的に絞り込む。どう見ても今回の提案は、極めて硬直的です。

では、税金で負担すべき年金給付とは何か。基礎年金の2分の1を国庫負担にする、月額6万6000円のうち3万3000円を税金負担に変えるというのです。

これは、ただではできないので、増税が必要です。増税を納得するには、使い方が適正か、やむを得ないと考えるかどうかにかかっています。お金の使い方をもっと厳重に監視しなくてはいけません。

そもそも年金の税金負担とは、今の所得ではどうしても生活できない人のために、皆で助けましょう、という趣旨ではないでしょうか。経済的に恵まれている人には、税金負担の年金は譲ってもらう。このような考え方はオーストラリア、カナダ、イギリス、スウェーデンなどで採用しています。

スウェーデンは90年代に年金制度の大改革をして、新しい制度に変えました。所得比例年金をベースにして、財源は全部保険料です。税金負担の保証年金というのがありますが、年金額が高い人には保証年金は支払いません。いろいろな事情で、保険料を納めても、もらう年金額が低い人には、年を取った段階で税金負担の年金を保証年金としてプラスアルファで乗せるという形です。

増税を納得してもらうためには、給付を増税にふさわしい形に変えなくてはいけません。その過程で、経済的に恵まれた人には譲ってもらうことにしたのです。日本でも、そういう議論と並行して国庫負担問題を考えざるを得ないのではないでしょうか。

受給開始年齢は、今回の改正では新たに見直さないとなっていますが、給付水準については、よくわからないところがあります。18.30%の保険料を取っても、50%の給付水準を維持できない状況が起こった時、何で調整するかというと、支給開始年齢です。

うまくいかなくなった時の調整弁として登場するのが、支給開始年齢の引き上げだと考えてよいと思います。これでは若い人たちは踏んだり蹴ったりで、ますます年金から離れてしまいます。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報