ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

第46回 全国婦人のつどい

「暮らしと金融・経済に関する消費者セミナー」

全体会講義(要旨)「年金制度の将来と私たちの暮らし」

これからの年金制度

会場

年金制度に対する信頼をどう取り戻すか、これには世界では一つしか方法がないというのが、専門家の共通の意見です。

それがスウェーデン方式といわれるものです。みなし掛け金、これは保険料拠出と給付が直接結びついているということで、給付の算定方法を変えるということです。


今年、保険料を10万円払いました。このお金を仮に市場で運用したら、運用利子が乗っかります。市場金利が5%だったとすると、10万円払い込んで期末の段階で10万5000円の年金資産がありますと本人に通知します。来年、また10万円保険料を払いました。20万5000円の原資を元に運用します。また5%、利子を生んで利子相当分は1万数千円になります。そうすると2年目の期末段階であなたの年金資産は21万数千円です、という報告を個人に出します。

毎年そういうことをして、拠出記録を毎年残して本人に通知します。年を取った段階でその年金資産を元に、平均余命で死ぬことを前提にして年金を毎年払うと、1年間にあなたの年金額はいくらですという結果がでます。

これが世界共通のベースになろうとしている制度で、日本版401kと考え方は同じ仕組みです。このみなし掛け金建ての制度では、受給開始年齢は自分で選ぶシステムとなっています。

では、痛んだバランスシートをどう健全化するか、債務超過をどう圧縮するかですが、給付債務を圧縮して、財源を投入するしかありません。過去の部分については税金を集中的に投入して、バランスシートの改善を図るしかないのではと私自身は考えています。

政府案は、どうも経済の動きと離れてかなり硬直的な、乱暴な負担調整をしようというように思えます。なぜもう少し弾力的に柔軟に負担増を仕組めないのか、その対案を皆で用意して現在の政府案との比較をし、賢明な選択を将来に向けてなさっていただきたいと思います。

(年金改正法案等については、講師が3月1日現在で修正した内容を記載しています)

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報