ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル in the Galaxy

6F 大人の宇宙おかね教室 知るぽると金融教育セミナー

生命保険:しくみと役割 -預貯金との対比-

講師:(財)生命保険文化センター
        生活情報室調査役  牛嶋 信治 氏

牛嶋 信治 氏

皆さんには、生命保険を例に「保険とは保障というサービスを提供する商品」であることを預貯金と比べながらご理解頂きたいと思います。

金銭管理の項目のなかに、貯蓄と保障があります。貯蓄は、一般的には将来の多額の支出に向けて「貯めること」であり、その典型的な商品は預貯金です。これに対して保障は不測の多額の出費や収入の途絶に「備えること」であり、その典型的な商品は保険です。


なぜ保険が保障の手段になるのでしょうか。それは保険の仕組みに確率の考え方が入っているからです。死亡した場合に保険金が支払われる生命保険には、死亡する確率(死亡率)が使われます。例えば健康な45歳の男性が1年間に死亡する確率が1000分の2とします。これは簡単にいえば、仮に45歳の男性が1,000人いると1年間に2人が亡くなるということです。保険の仕組み(原理)では、1,000人の男性から保険料として2万円ずつ集金すれば2,000万円の基金ができ、死亡した男性の遺族にそれぞれ1,000万円を支払うことができます。男性からみれば、保険料2万円で1年間の死亡への備え(死亡保障)1,000万円を準備できることになります。保険料は安心を買う費用、すなわち保障のコストなのです。仮に自分が1年間の間に死亡した場合に備えて預貯金で対応すると、毎月83万円ほどの金額を1年間積み立てねば1,000万円にはなりません。

生命保険の契約時に告知義務や医師の診査を求められることや、年齢が上がれば保険料が高くなることなどは、生命保険の仕組みから理解することができます。また保険の加入時には損得の考え方はあまり馴染まないこともお分かりでしょう。

セミナーの様子

生活設計のなかで、住宅の頭金や自動車の購入など貯蓄が必要な項目は預貯金で、働き盛りでの死亡による所得の喪失や病気・事故による突発的な多額の出費への保障には保険で対応するなど、合理的な手段を選択することが大切です。


生命保険商品を購入する場合には、まず保障目的を明確にすることです。預貯金は定期預金であれ普通預金であれ、自分の資金という意味で大きな違いはありません。保険の場合には目的が異なれば適切な保険種類(商品)や保険料も異なります。保険は保障を購入するとはいえ、その効用を実感するのは不測の事態が発生した場合です。

生命保険は住宅に次ぐ高い買い物です。契約段階で内容を理解し、納得して加入する態度が求められます。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報