ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル2010

金融教育セミナー 東京会場

日本銀行 金融研究所 貨幣博物館
貨幣博物館グループ企画役
天野 徹 氏

「おかねの話~日本のお金の歴史」
物々交換から「円」の誕生、日本銀行設立まで

セミナー風景の写真

古代、私たちの祖先は物々交換を行っていましたが、交換しようとする者同士の間で、持っている物と欲しい物とのニーズがぴったり合わないと交換が成立せず、非常に不便でした。ですから、とりあえず誰でもが価値を認める何かに取り換えておいて、最終目的物を得ようとします。この交換の仲立ちになるものを「物品貨幣」と言い、日本では矢じりや稲などが使われ、その後金属が用いられるようになり、貨幣へと進化していきます。

日本最初の銭貨は「富本銭」ですが、大和朝廷は、「和同開珎」(708年)を皮切りに、「皇朝銭」と呼ばれる銅貨を発行します。しかし、朝廷は、財政事情の悪化や銅の枯渇などから、銭1枚に使用する銅の量を節約するなどして銭貨の材質を劣化させたため、これが通貨価値の下落を招き、民衆の銭離れに繋がります。そして、10世紀半ばには、朝廷は、銭貨の鋳造を止めてしまいます。

その後、再び米などの物品貨幣が利用されますが、12世紀頃になると、中国から「渡来銭」が流入し、広く流通するようになりました。また、室町時代以降は、経済発展に伴い「渡来銭」だけでは足りなくなり、民間人が「渡来銭」を真似た「私鋳銭」を鋳造・流通させ、こうした状態が江戸時代まで続きます。

セミナー風景の写真

戦国時代には、鉄砲や馬など高額取引が増大し、大名は金山・銀山の積極的な開発を通じて高額貨幣である金貨・銀貨を発行します。日本で最初の紙幣「山田羽書」が発行されたのも関ヶ原の戦いの頃で、銀を裏付けに発行されました。

江戸時代に入ると、徳川幕府は、金貨・銀貨・銅貨の3つからなる貨幣制度(「三貨制度」)を導入する一方、各藩では藩札が発行されるという独自の幣制が成立しました。徳川幕府も、財政事情の悪化等に伴い、金銀貨の質を落とす改鋳をしばしば行いました。

明治に入ると、政府は、1871年に金1.5グラムを1円とする「新貨条例」を定め、貨幣制度を統一します。その後、西南戦争が激しいインフレを招きますが、緊縮財政などによる収束過程で、通貨価値安定のため、一国の通貨は一元的に発行管理することが望ましいとの考えから、1882年に日本銀行が設立されました。日本銀行の紙幣は、1897年の「貨幣法」制定前は銀貨、制定後は金貨を裏付けに発行(銀本位制度・金本位制度)されましたが、現在では、金の保有量に紙幣の発行が制約されることのない管理通貨制度が採用されています。

日本銀行 金融研究所 貨幣博物館とは

貨幣博物館は、古代から現代に至る日本や海外の実物の貨幣や紙幣、お金に関係した様々な資料の展示などを通じて、日本の貨幣史やお金の機能・役割を楽しく学べる施設です。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報