ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル2011

暮らしに役立つ講演会

講師 : 伊藤 元重 氏 (東京大学大学院経済学研究科 教授)

「大震災以降の私たちの生活とくらし~いざという時のためのお金の知識~」

講演会風景の写真

私が学生に経済を教える上で心がけているのは「視野を広げてもらう」ということです。3月11日の大震災以降、原発事故や急速な円高などが次々と起きる中で、多くの方が「視野を広げることが大事だ」とお考えになっているのではないでしょうか。

経済学にもいろいろな思想があります。その1つに「創造的破壊」という考え方があります。非常に単純に言えば、経済というのは常に破壊を繰り返すものであり、破壊がなければ新しいものが生まれないということです。しかし、この「創造的破壊」という視点を近年、世界は重視していませんでした。日本は1990年代末に深刻な金融危機に見舞われましたが、世界経済全体で見ると1990年~2008年までは安定していたからです。ところが2008年、リーマンショックが起き、世界経済は今も厳しい状況にあります。やはり資本主義経済は破壊を繰り返す面を持っており、一人ひとりは経済危機が起こった時に対応できるような心の準備が必要だと思うのです。そのためにも、世界の経済について広く見ておくということが非常に重要です。

講演会風景の写真

過去10~15年の日本経済は、消費者も企業も政府もデフレにどっぷり浸かってしまいました。日本人は平均で可処分所得の約4倍という驚くべき金融資産を持っています。企業も設備投資や人件費を抑え、お金を使いません。そして金融機関には、貯蓄としてお金がどんどん集まってきますが、リーマンショック後、金融機関は投資に消極的です。そこで、赤字財政の政府がどんどん発行する国債を、金融機関がどんどん購入する、という状況になっています。しかし、このデフレもずっと続くわけではないはずです。10年、20年という単位で見ると、経済には常に大きな転換点がやってきます。その変化に対応するにはやはり、広い視野で経済を見て、勉強することが大切だと思います。

プロフィール

総合研究開発機構(NIRA) 理事長、財務省の政策評価の在り方に関する懇談会メンバー、関税・外国為替等審議会会長、公正取引委員会独占禁止懇話会会長。

著書に『入門経済学』(日本評論社、1版1988年、2版2001年、3版2009年)、『ゼミナール国際経済入門』(日本経済新聞社、1版1989年、2版1996年、3版2005年)、『ビジネス・エコノミクス』(日本経済新聞社2004年)、『ゼミナール現代経済入門』(日本経済新聞社2011年)など多数。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報