ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

家計の金融行動に関する世論調査

家計の金融資産に関する世論調査[二人以上世帯](平成15年まで)

貯蓄と消費に関する世論調査 平成11年調査結果

II 金融環境に対する認識

1. 金融商品選択と行動の有無

(1)金融商品の選択基準

金融商品選択の際に最も重視していることとしては、「元本が保証されている」との回答が多く、しかも年々増加している。このため、「元本が保証されている」と「取扱金融機関が信用できる」を合算した『安全性を重視する割合』は、半分以上に達している。

一方、『収益性を重視する割合』は減少傾向が続いてきたが、「値上がり益を期待できる」が増えたことから下げ止まっている。

(注)ここでは、「安全性」、「流動性」、「収益性」に関わる項目をそれぞれ下記のように分類。
安全性:「元本が保証されているから」、「取扱金融機関が信用できて安心だから」
流動性:「少額でも預け入れや引き出しが自由にできるから」、「現金に換えやすいから」
収益性:「利回りがよいから」、「将来の値上がりが期待できるから」

(図表4)金融商品を選択する際に重視すること<問5>
(図表 4)金融商品を選択する際に重視すること<問5>

(図表 4)金融商品を選択する際に重視すること<問5>

(2)貯蓄を安全にするためにとった行動と今後の対応

これまでに貯蓄を安全にするために「何らかの行動をした」世帯は、3割強となっている。今後については、「何らかの行動をしたいと思う」世帯が6割強と過半数を超えている。

両者の関係をみると、これまで「何もしていない」世帯では、今後「何らかの行動をしたい」と考えているのは約半分であるのに対し、すでに「何らかの行動をした」世帯については、その大半が今後も「何らかの行動をしたい」と思っている。

なお、今後の行動の内容については、「預入先を複数金融機関へ分散する」と考える世帯が前年よりも増加している。

(図表 5)貯蓄の安全に関する行動<問14(d)、問14(e)> *かっこ内は、平成10年調査
(図表 5)貯蓄の安全に関する行動<問14(d)、問14(e)>

(貯蓄を安全にするためにとった行動と今後の対応の関係<問14(d)、問14(e)>

(今後における具体的な行動の内容)

(3)低金利下での行動

低金利で「何らかの行動をした」世帯の割合は、38.0%と前回調査(35.4%)を若干上回った。

(図表 6)低金利下での行動<問12>
(図表 6)低金利下での行動<問12>

(具体的な行動の内容)

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報