ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

やさしいデリバティブ

2 先物取引

2-2 先物取引のヘッジ利用

リスクヘッジとは将来の不確定要素の排除です。先物取引は、まず、こうしたヘッジを実現するため、すなわち、前の例のいくらになるか分からない将来の価格を確定し、心配の種をできるだけ小さくするために活用されます。サキコさんの取引もこれに当たります。

先物取引を用いたヘッジ方法

先物取引を用いたヘッジには、買いヘッジと売りヘッジがあります。

買いヘッジ

将来、商品を購入する予定があるけれども、価格が値上がりする恐れがある場合、先物取引で現時点において価格を決めて買う約束をします。このように、先物取引で買う値段をあらかじめ確定し、その商品の値上がりリスクをヘッジすることが、買いヘッジです。その商品の市場価格が、予期したとおり購入時点で値上がりしていたとしても、先物取引によって約束した価格で購入できます。

売りヘッジ

将来、商品を売却する予定があるけれども、価格が値下がりする恐れがある場合、あるいは、市場価格の下落とともに現在保有している資産の価値が目減りしてしまう恐れがある場合、先物取引で現時点において価格を決めて売る約束をして、値下がりのリスクをヘッジします。これが売りヘッジです。

ヘッジとはあくまでも、将来の不確実性を排除しようとする行為です。値上がりを心配して買いヘッジをしておいたけれど当初の心配とは逆に、価格が下落することだってあります。

その場合でも、価格や取引の採算をあらかじめ確定したという点に着目すれば、ヘッジは有効に働いたと考えられます。

また、これらの取引の多くのように、あらかじめ決められた決済日(満期日(*1)、限月(*2)または受渡し決済日(*3))に約束した価格で対象である原資産の授受を行う決済方法を「受渡し決済(*3)」といいます。

*1 満期/受け渡し決済期日がいつであるかを示す言葉です。満期までの間に反対売買をすれば、取引は終了するので、受け渡しをしません。逆に、受け渡し決済を望まないならば満期までの間に反対売買をしなければなりません。

*2 限月(げんげつ)/満期と同じ意味で、いつ売買するかを意味する言葉です。取引所で行われる先物取引では、上場商品ごと、さらにいつ受け渡しを行うかという限月(決済期日)ごとに取引を区分しています。

*3 受渡し決済と差額決済/約束の日に実際に対象商品と代金の受け渡しを行う決済方法が「受け渡し決済」です。先物取引では、受け渡しを伴わずに、当初行った取引の反対の取引(反対売買)を行って決済することもできます。この場合、買値と売値の差額の受け渡しによって決済することになります。この方法の決済を「差額決済(差金決済)」と呼びます。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報