ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

大学生のための 人生とお金の知恵

I. 人生のデザインとお金

2. 人生のデザインを描く

  • 大学時代は、以下のような時期と考えられます。

  • ライフデザインを描き、人生で実現したい夢を自覚する

  • 社会人として自立し、夢を実現できる力を身につける

  • ライフデザインとは、「将来、どんな人生を送りたいか」についての自分の構想です。自分の価値観に基づいて、人生の生き方の構想を描くことです。

  • ライフデザインを描く目的は、自分の“幸せ”を実現することです。そのためには、自分の価値観夢(希望)を自覚することが大切です。

    • 「夢(希望)」とは、人生において実現したいことです。

    • 「夢(希望)」は、人によってさまざまです。たとえば、仕事や社会貢献、恋愛や結婚、子どもや 親との関係、くらし、趣味、遊びなどに関するものが考えられます。

  • ライフデザインを描くことは、「自分にとって何が“幸せ”なのか」と自分に問いかけ、「ぜひ実現したいことは何か」「実現できないと後悔しそうなことは何か」と考えることから始まります。

  • 20代の早い時期に、人生のデザインを描き、夢を「目標」と位置づけ、実現するための努力を始めることで、実現する可能性が高まります。

《演習1》 ライフデザインを描いてみる

  • 人生で「ぜひ実現したい」と思っていることを、3つくらい挙げてみましょう。

    • [例]こんな仕事をしたい、こんなくらしをしたい、こんな人と結婚したい、子どもは何人欲しい、親孝行したい

【コラム2】 ヒトは夢を描く

  • ヒトの特徴は、好奇心が強く、を描くことにあります。たとえば、「海の向こうに行ってみたい」「(高い山などに)登ってみたい」「空を飛んでみたい」「月に行きたい」などです。

  • これらの夢は、すべて実現しています。たとえば「月に行く」ことが実現したのは、「月に行きたい」との夢を「目標」と位置づけて(1960年代のアポロ計画)、実現に向けて資源(ヒトの時間・労力、お金、技術)を投入したためです。

  • ライフデザインが重要な理由は、これと同じです。人生の夢を描き(=ライフデザイン)、夢を「目標」と位置づけ、実現するための努力を続ける(自分の時間・労力、お金を投入する)ことによって、実現する可能性が高まります。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報