ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

10代のためのマネー入門

―お金と消費生活の知識―

Step1.ニーズとウォンツ
(必要なもの、欲しいもの)

4.つい、買わされてしまったということはないかい?

奈々: 友だちが街を歩いていたら声をかけられて、かなり高い値段の英会話セットを買わされたと言っていたわ。あとで家の人にとても怒られたみたい。


: ぼくも同じような話を聞いたことがある。そんなのを悪質商法というのかな。


悪質商法として問題になることが多い事例を紹介しよう。
(1)訪問販売
役所などからの訪問であるかのようにみせかけて、ある商品を「備えつけることが法律で決まった」というようなうそをついて商品を販売する。

(2)アポイントメント・セールス(呼び出し販売)
電話やハガキなどで、「あなたが選ばれました」といった誘い方で特定の場所へ呼び出し、商品を買わせる。

(3)キャッチ・セールス(路上販売)
繁華街などで、「アンケートをお願いします」などと通行人を呼びとめ、品物を売りつける。

(4)ネガティブ・オプション(押しつけ商法)
注文していないのに、一方的に品物を送ってきて代金を請求する。

(5)開運商法
「先祖のたたりで不幸になる」などと言って不安がらせ、高価な商品を売る。

(6)催眠商法
新製品の説明会といった名目で人を集め、日用品を無料で配布し、一種の催眠状態にさせて、高額の品物を買わせる。


重要ポイント

★悪質商法の被害にあわないための注意
(1) 「世の中にうまい話はない」と知る。
(2) 知らない人が声をかけてくるなど、少しでも「怪しい」と思った場合は、最初から相手にしない。
(3) 何かを買うよう勧められても、本当に必要か、また代金を支払えるかといった点をよく考え、いらないときは、はっきり断る。
(4) 契約する前に、契約書をよく読む。簡単に印鑑を押したり、サインをしたりしない。
(5) その場で代金を払わない。
(6) 「クーリング・オフ」について知っておく。
クーリング・オフ

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報