ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

やさしいデリバティブ

3 オプション取引

3-5 オプション取引活用の例

ヘッジング

将来ある商品を売買する予定がある場合にあらかじめオプションを購入しておけば、価格変動リスクに備えることができます。将来商品がいくらになるか分からない状況で、損失を負うリスクを限定させつつ、なおかつ利益を得るチャンスも残しておくことができるので、効率的なヘッジ手段として活用されます。

通貨オプションを例に考えてみましょう。

たとえば3ヶ月後に円をドルに換金する予定があるものとします。ただし、この間に円安が進んで交換できるドルが少なくなってしまうことが心配です。この問題に対処する方法として、先に為替予約を紹介しました。為替予約の場合、円安が進む不安はなくなりましたが、円高のメリットまで諦めなければならないデメリットもあります。
為替予約

このようなとき、通貨オプションは、円高になったときのメリットも残しつつ、円安で損をすることはヘッジできるのでとても有効です。

例えば、ドルをあらかじめ決めた120円で買うコールオプションを買っておき、3ヵ月後のドルと円の為替レートが120円より円安になったら権利行使をします。これで円安によって損をしなくて済みます。また、120円より円高であれば権利放棄し、市場の為替レートでドルを買えばよいのです。

オプション取引を用いて現在保有している資産の値下がりリスクに対処することもできます。たとえば、株式を保有していて将来値下がりが予想される場合には、市場の株価が将来値下がりしたときに利益が出るプットオプションを買い、リスクヘッジする方法があります(この場合、保有株式の値下がりによる損失をプットオプションでの利益が埋め合わせる形となります)。

このような、資産保有とプットオプションの買いを組み合わせる方法をプロテクティブ・プット(*)とよびます。

*プロテクティブ・プット/株式などを保有していて価格下落による損失が懸念されるとき、その資産の保有と並行してプットオプションの買いを仕掛ける方法です。保有原資産に発生する値下がり損を限定しつつ、かつ値上がり時のメリットは受けられます。

先行きの予測に応じた投資

将来の原資産の市場価格の変動の見通しや投資目的に応じ、複数のオプションを組み合わせ、さまざまな投資戦略を立てることができます。

グラフを使って例をあげてみましょう。

値上がり予想のとき

原資産の市場価格の値上がりが予想される場合は、コールオプションを買えば、市場価格の上昇に応じて利益を得ることができます(予想に反し市場価格が低下しても損失は限定されます)。

コースオプションの買い

このほか、「ゼロ・コスト・オプション」という次のような方法もあります。

ゼロ・コスト・オプション

この「ゼロ・コスト・オプション」は、コールオプションの買いとプットオプションの売りを同時に保有します。

コールオプションの買いで支払うプレミアムと、プットオプションの売りで受け取るプレミアムが同額であれば、2つが相殺されて実質的にプレミアムのコストをかけずに、原資産価格が値上がりしたときに無限大の利益を狙える戦略です。一方、予想に反し市場価格が低下すると、損失が発生し、この損失は原資産の市場価格の低下に伴い無制限に拡大します。

値下がり予想のとき

原資産の市場価格の値下がりが予想される場合は、通常の方法では利益を期待することはできません。しかしプットオプションを買えば、原資産の市場価格の下落に応じて利益を得ることができます(予想に反し市場価格が上昇しても、損失は限定されます)。

プット・オプションの買い

値下がり予想の場合も、「ゼロ・コスト・オプション」が用いられることがあります。

ゼロ・コスト・オプション

「ゼロ・コスト・オプション」であっても、オプションの組合せは値上がり予想の場合と異なり、プットオプションの買いとコールオプションの売りを同時に保有します。

プットオプションの買いで支払うプレミアムと、コールオプションの売りで受け取るプレミアムが同額であれば、2つが相殺されて実質的にプレミアムのコストをかけずにすみます。原資産の市場価格が値下がりしたときに利益を得られる戦略です。一方、予想に反し市場価格が上昇すると、損失が発生し、この損失は原資産の市場価格の上昇につれて無制限に拡大します。

停滞を予想するとき

原資産の市場価格が横這いに推移すると予想される場合、通常の方法では利益を得ることは困難です。しかし、この場合でも、オプションを使えば、利益をあげることが可能となります。具体的には、コールオプションの売りとプットオプションの売りを同時に仕掛ける「ショートストラドル」という方法があります。

ショートストラドル

ショートストラドルとは、原資産の市場価格が大きく動かないときに利益が得られる戦略です。見込みが外れれば、損失は無限大となるためリスクは大きいのですが、原資産の市場価格の値動きがなければ当初受け取ったプレミアム相当が利益となります。

大きな変動を予想するとき

さらに原資産の市場価格が、値上がりか値下がりかの方向は不確かだが、大きく変動しそうだと予想される場合に利益を得る方法もあります。これは、コールオプションの買いとプットオプションの買いを同時に仕掛ける「ロングストラドル」という手法です。

ロングストラドル

「ロングストラドル」では行使価格の等しいコールオプションとプットオプションを同時に保有します。

原資産の市場価格が上がるか下がるか分からなくても、大きく変動しさえすれば利益が得られる戦略です。損失は当初のプレミアムの支払金額に限定される一方、見込みどおり大きく変動すれば利益は無限です。

これらの他にも、取引単位数を増やしたり行使価格を変えたりすれば様々な投資戦略を組み立てることができます。将来の見通しに合わせて、また、自分のリスク許容度・投資スタイルに合わせて選択できる奥が深い世界なのです。

ただし、実際の取引に際してオプションの売りを組込む場合は、取引当初、証拠金を払込まなければなりませんから、一定の資金が必要となることには注意が必要です(オプションの買いだけの場合は証拠金は必要ありません)。

オプション取引の例およびオプション取引を用いた金融商品

(1)株価連動型預金

株価指数に連動して受取利息が変動するタイプの預金です。株価指数が上昇したときに金利が高くなるタイプのもの(ブル型)は株価指数のコールオプションの買いが組み込まれています。

受取利息は、オプション・プレミアムの支払い分ほど通常の受取利息より低くなりますが、株価が上昇して一定以上になると、それに伴って受取り利息も上昇します。将来の株価上昇の見込みがあるとき人気がある商品です。

また、逆に株価下落に伴って受取り利息が上昇するタイプのもの(ベア型)もあり、これはプットオプションの買いが組み込まれているものです。

取り扱い金融機関

一部の都市銀行が取り扱っています。

(2)キャップ付ローン

変動金利建てローンでは、金利の上昇に伴って利息の支払い負担が増える心配があります。「金利上昇にともなう負担増は避けたいけれど、長期固定金利の借入も利息が高いからイヤだ」という人に好まれるのが、支払い金利の上限(キャップ*)が設定されているタイプの変動金利型ローンです。

これは、金利のコールオプションの買いが組み込まれていますので、金利水準が一定ラインを上回るとその分の利息を受け取ることができ、実質的に利払い負担の上限になっています。支払利息は、通常の変動金利型と比べてオプション・プレミアムの支払い分ほど高めになります(変動金利よりは高く長期固定金利よりは低い)が、金利上昇リスクをあらかじめヘッジできます。

*キャップ/金利のコールオプションです。あらかじめ決めておいた金利水準(キャップレート)より金利が上昇すれば、上回った分だけ利息額を受取ることができます。変動金利建て借入とキャップを組み合わせて、上限金利付の借入れにすることができます。

取り扱い金融機関

現在、一部の都市銀行、ネット銀行が住宅ローン限定で取り扱っています。

(3)個別株オプション

個別株式のオプション取引です。現在、複数の個別銘柄のオプションが取引所で上場取引されています。また、個人にも取引しやすいカバード・ワラントもあります。カバード・ワラントとはオプションを小口に証券化した商品のことです。

取り扱い金融機関

個別株オプションは大阪取引所で上場取引されています。また、カバード・ワラントは一部の証券会社がいくつかのリスクレベルを用意し取り扱っています。

(4)株価指数オプション

日経平均株価指数やTOPIX(東証株価指数)を対象にしたオプションです。いずれも、大阪取引所で上場取引されています。日経平均株価指数オプションの日々の値動きは主要な経済新聞の市況欄に公表されています。

(5)EB(他社株転換社債)

社債に個別株式のプットオプションの売りが組み込まれており、株価が一定ラインを下回ると債券の償還は額面金額ではなく、株式で行われます。プットオプションのプレミアム分、クーポンが高く設定されています。

高いクーポンを受け取れる点が投資家にとっては魅力的なものですが、対象株式の価格が一定価格を下回ると、償還が株式で行われるというリスクがある商品です。

・証券会社が取り扱っており、個人投資家に向けても販売されています。

著名人・有識者が語る

  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報