ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育公開授業

2018年度 金融教育公開授業

北海道金融広報委員会
北海道札幌東陵高等学校
金融広報中央委員会

北海道の実施報告

「金融教育公開授業 in 北海道(札幌東陵高等学校)」(10月15日開催)

北海道札幌東陵高等学校は、昭和54年に開校した学校です。校訓に「自主・創造・誠実」を掲げており、学びに向かう力を養い、人間性を高め、将来にわたり社会に貢献する人材を育むことを目指した教育を行っています。

北海道金融広報委員会より平成29・30年度の金融教育研究校の委嘱を受け、研究活動の一環として、10月15日(月)に金融教育公開授業を開催し、3年生の選択科目を対象とした公開授業のほか、研究協議および篠田健一郎氏による講演会を行いました。

▼ 参加者内訳:

生徒 900名、他校教員11名、金融広報アドバイザー1名、その他8名 合計920名

1.公開授業

(1)「『シゴト』をつくる!?」

家庭科・フードデザインでは、日常生活を食生活、食文化の視点からデザインすることを目標としています。将来の職業観を養いながら、自らのアイディアをもって「仕事とは、事業(ビジネス)とはどのようなものか」を考えています。仕事、事業(ビジネス)の中で金融の果たす役割の重要性についても学習しています。

公開授業では、発展学習として、「『シゴト』をつくる!?」と題する授業を行いました。これまでの授業の中で、自分の好きなこと、好きなことを仕事にできるかを考え、公開授業でグループごとに考えた会社を発表しました。具体的には、若者向けアプリ制作会社、家事代行業、スポーツ代行業などです。それらの会社にした理由も発表されました。

その後、一年間を通じて学んできた金融教育の取り組みを、「求人票や給与明細の見方」、「起業家をめざすならば」などの内容がまとめられたワークシートを用いて振り返りました。公開授業は、生徒たちにとって金融教育のまとめになりました。金融教育によって、将来を見通しながら収入を得るためのアイディアを考えたり、収入を上手に配分して最大の満足が得られるような金銭管理力を養うことが大切であることを意識させることができました。

写真1:公開授業「『シゴト』をつくる!?」の模様

(2)「ESD電気自動車って本当にお得なの?」

公民科・ESDでは、ESD(持続可能な開発のための教育)にかかわる環境学習、防災学習、格差貧困問題についての学習をしています。また、家庭科科目との連携授業(テーマ「ひとり暮らしの生活費」)を展開し、生徒の家計管理を視野に入れた学習をしています。

公開授業では、その発展学習として、「ESD電気自動車ってお得なの?」と題する授業を行いました。

電気自動車に焦点を絞り、地球環境問題、購入の際の費用負担からそのメリットとデメリットを調べ、さらに、日本のエネルギー政策を他国と比較して調べたうえで、生徒がグループごとにプレゼンテーションを行いました。

公開授業を通して、生徒は環境問題についての理解を深めました。家庭科科目との連携により、家計の収入と支出にもふれていたため、問題を立体的に捉えることができました。

写真2:公開授業「ESD電気自動車って本当にお得なの?」の模様

2.研究協議

公開授業の後、教育関係者による研究協議を行いました。

公開授業担当教諭から、授業の進め方に関して、金融をクローズアップしたうえでどのようにして生徒に興味・関心を持たせたかの工夫、将来の職業観を養うために外部団体のサポートを得て取り組んだことなどについて、参加した教員へ説明されました。

その後、参加者との間で質疑応答が行われました。とくに公民科と家庭科の連携で金融教育に取り組んだことについて参加者の関心が高く、多数の質問が寄せられました。

写真3:研究協議の模様

3.講演会

東京都立西高等学校 指導教諭 篠田健一郎氏から、「世界に通用する大きな器に!」と題する講演が行われました。

まず、生徒に、自分自身のことや周りからどのように見られているかなどについて具体的に記入してもらったうえで、生徒同士のディスカッションに取り組んでもらいました。

続いて、篠田氏は、なぜ大きな器が必要であるかについてお話しくださいました。その中で、生徒たちに学校教育における基礎知識が大切であること、現代社会は世界と緊密につながっており世界に通用する人材となるためには情報だけではない実体験が重要であること、実体験を通じて失敗をより多く経験することで物の見方や考え方を養えること、自分と意見が違う人との付き合い方を考えるべきであることなど、多くのメッセージを送ってくださいました。

生徒からは、「参加型なので楽しく聴講できた」、「将来につながる役立つ話が聞けて良かった」、「失敗を恐れず前向きに取り組みたい」といった声が聞かれました。

写真4:講演「世界に通用する大きな器に!」の模様

4.プログラム

9:50~10:40
(1)公開授業
「『シゴト』をつくる!?」(3年選択 家庭科・フードデザイン)
10:50~11:40
(2)公開授業
「ESD電気自動車って本当にお得なの?」(3年選択 公民科・ESD)
11:50~12:30
研究協議
「公開授業の説明および質疑応答」
進行:篠田健一郎氏
13:30~13:40
開会挨拶
北海道札幌東陵高等学校長 西田正史
北海道金融広報委員会事務局長 吉竹章
13:40~14:50
講演「世界に通用する大きな器に!」
講師:篠田健一郎氏
14:50~14:55
閉会
生徒代表 お礼の言葉

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報