ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

なぜ、ガマンしなきゃいけないの?

おねだりでダダをこねられるくらいなら…

スーパーマーケットやコンビニエンスストアで子どもに物をねだられた経験は、保護者の皆さんならきっとあるでしょう。「お菓子はこの前に買ったから今日はナシね」とか「今日は買うお金がないの」という理由で子どもを納得させることもあるかもしれません。でも急いでいるときなどは特に、ぐずられるくらいなら「たったのお菓子ひとつ」、「たったの100円分」をとりあえず買ってやった方が気をわずらわせずにすむと考えることもあるかもしれません。

しかし、頻繁に子どものおねだりや要求に応じてしまうことはいかがでしょう。

欲しいと思う衝動を律する我慢する力を!

おねだりの金額は子どもの成長とともに大きくなることが考えられます。いずれ「たった100円」ではすまなくなるでしょう。その時になってからいきなり我慢をさせることが、はたしてできるでしょうか?

さらに、子どもはいつか大人になって、働いた収入の範囲で生活をしていかなければならない時がきます。いま、欲しいものがなんでも手に入る環境で育ったら、将来はどんな大人になるでしょう。「欲しい」という衝動が抑えきれず「たった洋服一着くらいなら」、「たった車一台くらいなら」と浪費するくせがついてしまい、お金がいくらあっても足りなくなるかもしれません。それでも我慢できずにキャッシングや消費者金融からの借り入れを利用すれば、大変なことにもなりかねないのです。

子どもに助言

「欲しい」と思うことそのものは悪いことではありません。しかし「欲しい」気持ちを律する「我慢する力」は、子どもが小さいうちから養うことが必要です。保護者として、ものを買い与えることが、子どもに我慢する力を育くむうえでどのような影響があるかを考える必要があるのです。

子どもの片付け下手の原因は?

子どものものがなかなか片付かなくて、手を焼いている保護者の方も少なくないでしょう。原因は子どもの片付け下手だけなのでしょうか?

子どもに日常必需品以外のものを買い与える、両親や祖父母などの“スポンサー”は、子ども1人あたり6人いる(=シックスポケット)といわれてきましたが、最近ではさらにおじやおばなどを含めてポケット数が増えているようです。さすがにそれだけのスポンサーがいれば、次から次へとものが増え、子どもの管理能力をオーバーするでしょう。なくしても気づかないかもしれません。どうやら片付け下手をつくっているのは、周りの大人の与えすぎにも一因がありそうです。

このテーマも学んでみよう!

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報