ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

もし働く人がいなかったら?

子どもに助言

小学校高学年にもなると、お年玉やおこづかいの額も多くなり、子どもによってはしっかりと自分で貯金をしている子どももいるかと思います。手にするお金の額が多くなるのにあわせて、働いてお金を得るための苦労や価値などもしっかりと伝えられるようにしたいものです。おうちの人や親せきがふだん何を考えて働き、お金を得ているかを話してあげましょう。お金はおうちの人などが働いたことに対する分の対価として得たものであり、大事に使わなくてはいけないということをしっかりと教えてあげられるとよいでしょう。

また、職業には貴賎がないことや、収入に違いがあってもどんな仕事でも社会には必要であることを気づかせることは重要です。仕事の具体的な内容を把握することにより、子どもたちが将来の職業を考える際には何となくイメージだけで決めていくのではなく、実際の仕事の内容を基に判断していくようになることでしょう。

高学年は仕事について話すチャンス

「子どものくらしとお金に関する調査」(平成17年度)の結果によると、家族のしている仕事について家の人と話す子どもの割合は、小学校段階では低学年で31.6%、中学年で31.7%、高学年で40.8%と、高学年が最も高くなっています。しかし、中学生になると33.3%と一気に低下しています。思春期に入ると家族や地域の人に率直な自分の気持ちを話すことに気恥ずかしさを覚えたり、友だち同士で一緒にいる時間をより大事にしたりするなどして、大人との会話が減る子どもも多くなります。小学校高学年のこの時期に一度、仕事観やお金と労働との関係などについて話す機会をもつことは大事なことといえるでしょう。

家の人の仕事について話す割合(親との会話)
「家の人の仕事について話す割合のグラフ」家の人の仕事について親と話す割合は、小学校低学年で31.6%、中学年で31.7%、高学年で40.8%、中学生は33.3%、高校生は39.1%となっています。
資料:子どものくらしとお金に関する調査(平成17年度)

子どものくらしとお金に関する調査(平成17年度)

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報