ホーム  金融と経済のしくみ  調査・アンケート  子どものくらしとお金に関する調査  子どものくらしとお金に関する調査(第2回)平成22年度

子どものくらしとお金に関する調査(第2回)平成22年度

「子どものくらしとお金に関する調査(第2回)平成22年度」を下記の要領で実施しました。実施に当たっては、調査にご協力いただける学校を広く公募しました。調査にご協力くださいました各学校、関係者の皆様には改めて厚くお礼申し上げます。
ご協力のお願い(PDF 194KB)

調査概要と結果
調査時期 平成22年12月〜23年 3月
調査対象 小学生(1・2年生、3・4年生、5・6年生)、中学生、高校生
委託先 トランスコスモス 株式会社
調査の回答方法 無記名式(学校を通した自記式)
調査方法 調査票を郵便により学校に届け、後日回収
調査項目
  1. おこづかい、お年玉
    有無、金額、もらう相手、おこづかいの使いみち、足りなくなったときの対処方法等

  2. アルバイト・貯蓄等
    アルバイトの経験・考え方、貯蓄の有無、図書カード・電子マネーなどの利用等

  3. 持ち物・携帯電話・インターネットの利用について
    専用の持ち物、携帯電話の利用金額・用途、インターネットの利用等

  4. 家の人との会話、家事・手伝い
    会話の内容・頻度、家庭での家事・手伝い等

  5. お金についての意識、金融経済の知識
    お金についての意識や行動、お金や金融経済についての考え方、金融経済の知識
調査結果の概要

調査結果の概要 (PDF 456KB)

  1. おこづかい、お年玉、お金の使い方や管理

    1.おこづかい
    2.お年玉
    3.お金の使い方や管理

  2. 携帯電話、インターネット、電子マネー、消費者トラブルの経験

    1.持ち物
    2.携帯電話
    3.インターネット
    4.電子マネーほか
    5.消費者トラブルの経験

  3. 家の人との会話、家事・手伝い、アルバイト

    1.家の人との会話
    2.家事・手伝い
    3.アルバイト

  4. お金についての意識、金融経済の知識、知識と行動等

    1.お金についての意識
    2.金融経済の知識
    3.知識と行動等


調査結果

単純集計データ

クロス集計データ


照会先・連絡先

TEL:03-3277-2168、FAX:03-3510-1373
E-mail:info@saveinfo.or.jp
(E-mailの場合は、連絡先をお知らせください。)

収録データをご覧いただくためには、「Adobe Reader」というソフトウェア(無償)が必要です。ご使用のパソコンに同ソフトウェアが導入されていない場合は、以下のダウンロードページより最新のソフトウェアをインストールしてご覧ください。