ホーム  金融と経済のしくみ  金融商品・金融用語  やさしいデリバティブ  デリバティブの起源

やさしいデリバティブ

デリバティブの起源

デリバティブは最先端かつ超難解な金融技術のようなイメージがあります。ところが、意外にもデリバティブの起源は古く、江戸時代、さらには古代ギリシャ時代にも遡るといわれています。

デリバティブの説明をはじめる前に、まずは、はるか昔の社会のデリバティブ取引をのぞいてみることにしましょう。

デリバティブそもそも

〜デリバティブの起源を遡れば〜

大阪堂島の米市場

時は江戸時代、大阪は堂島。米商人たちの間で、米の売買価格を収穫前にあらかじめ決める取引(「帳合(ちょうあい)米取引」とよばれます)が行われていました。

米の価格というのは天候、天災などの要因で常に変動します。米商人たちはその価格を安定させたいと考えたのです。

そしてこの帳合米取引によってあらかじめ米の売買価格を決めておくことで、思わぬ相場の乱高下がおきて損をするかもしれないという不安を取り除くことができたのです。いわば、米商人たちのリスクヘッジです。

さらに、米の値上がりを見越して買い付けておいたり、米の値下がりを見越して売り付けておくなど、取引を利用して利益を狙う参加者も現れました。

現在のデリバティブの1つである先物取引の原型ともいえる取引が18世紀の日本で行われていたのです。
先物取引

古代オリーブ絞り機

古代ギリシャの哲学者ターレスは、ある年、天文学の知識をもって翌年のオリーブが豊作となることを予見し、オリーブの絞り機を借りる権利をあらかじめ買っておきました。

その翌年、ターレスの見込みどおりオリーブは豊作となり、オリーブ搾り機の需要は拡大し借り入れ料は上昇しました。

そこでターレスはオリーブ絞り機を約束どおりの値段で借り入れ、自分が借り入れた値段より高い値段で人々に貸し出すことで、大きな利益を手に入れたと言われています。

これは現在のデリバティブでいえば、オリーブ絞り機のオプション取引ともいえるもので、このようにはるか昔にデリバティブ取引の萌芽を見出すことができるのです。
オプション取引

江戸時代の米取引にしても、哲学者ターレスのオリーブ絞り機にしても、時代・社会は違えども、わたしたちの生活からかけ離れたものではなく、デリバティブの根本は常識で理解できるものなのです。

必要から生まれた知恵が時代を経て、デリバティブは現代の新しい金融取引として確立し、そして今も日々進化しています。

さっそく、デリバティブとはどのようなものか、デリバティブの世界をひも解いていきましょう。