ホーム  金融と経済のしくみ  金融商品・金融用語  やさしいデリバティブ  3 オプション取引

やさしいデリバティブ

3 オプション取引

3-1 オプション取引とは?

海外旅行ツアーのオプション・ツアーは、参加するかしないかどちらでも好きなほうを選択できるものですし、携帯電話のメールやインターネットサービスのオプションは利用しても利用しなくてもいいものです。パソコンの購入などで、外部スピーカーなどの周辺機器はオプションで付けたり付けなかったりできるというのもあるでしょう。

つまりオプションとは、自分の都合に合わせて使うか使わないか決められる選択権のことです。

デリバティブのオプションも同じように、選択権です。何を選ぶ権利かというと、ある金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買するかしないかを選べる権利です。

ただし、旅行やインターネット等のオプションが、無料サービスやおまけではないので利用するには追加料金が必要になるのと同じように、このデリバティブのオプションもタダではなく、権利を手に入れるためには代金を支払わなければなりません。

オプション取引のイメージ

ケンタくんは○△社の株式を購入したいと考えています。現在の株価は1株5,000円なので100株ほど購入するとなれば、500,000円が必要ですが、残念ながらこの資金の目途がつくのは6ヵ月後です。

ケンタくんは6ヵ月後の株価はもっと値上がりしているかもしれないと心配です。

とはいえ、1株5,000円で買うという約束はしたくありません。なぜなら、もし6ヵ月後の株価が5,000円以下に値下がりしていた場合にも約束の5,000円で買うはめになると思うと、気が進まないのです。

そこでケンタくんは、「6ヵ月後に5,000円で○△社の株式を購入できる権利」を買っておくことにしました。5,000円で買うこともできるし、買わなくてもいい権利です。

さて6ヵ月後、ケンタくんは持っている権利を行使して○△社の株式を5,000円で買うこともできるし、買わなくてもいい、つまり、権利を行使するか、それとも放棄するか選択できます。このとき選択の基準となるのは、そのときの株式市場での○△社の株価です。

パターン(1) 値上がり

6ヵ月後、心配していたとおり、○△社の株式は株式市場で6,000円に値上がりしました。このとき、ケンタくんは○△社の株式を取得するためには、株式市場で6,000円で購入するよりも、持っている「5,000円で買う権利」を相手に行使して購入するほうがいいですね。この場合、

6,000円−5,000円=1,000円

その時の株式市場で買うよりも、1株あたり1,000円ほど安く買うことができます。

パターン(2) 値下がり

○△社の株式は6ヵ月後の株式市場では4,000円に値下がりしました。この場合は、○△社の株式を取得するには、ケンタくんが持っている「5,000円で買う権利」は行使せず、通常の売買のとおり株式市場で市場価格(1株4,000円)で買えばよいのです。

ただし、この場合、「5,000円で買う権利」を手に入れるために支払った代金はムダになってしまいます。

オプション取引のイメージ 図

先物取引とオプション取引は将来の売買に関する取引という点でよく似ています。

しかし、先物取引が将来売買する「約束」なので約束の価格と売買時の市場価格の関係によって利益とも損失ともなりうるのに対して、オプション取引は売買できる「権利」を購入することなので、その権利行使(*)による売買で得をするときだけ権利を行使し、損をするようなときは権利を放棄すればよいのです。

*権利行使/権利行使が満期の1回だけできるオプションをヨーロピアンオプションといい、満期までのいつでも権利行使できるタイプのものをアメリカンオプションといいます。